本文へスキップ

お問い合わせは
TEL.079-297-0321

〒670-0971 兵庫県姫路市西延末440 (手柄山中央公園内)

ナビゲーション

フンボルトペンギンの死亡について


経緯

 平成31年1月24日14時ごろ来館された方よりペンギンの異常について連絡があり、バックヤードに収容し獣医の指導のもと治療にあたりましたが、翌25日までに飼育11羽中8羽が死亡しました。

検査結果

 高病原性鳥インフルエンザ・・・陰性
 病理検査結果(病理学的診断)・・・全身性うっ血(何らかの原因によって全身性循環障害に陥ったため)
 感染症を示唆する所見なし

 病理検査の結果から全身性循環障害での死亡と推察されましたが、それがなぜ起きたかまでは特定できませんでした。しかし、当日給餌した餌を分析した結果、含まれる食塩相当量が高かったことと、病理検査を担当した獣医師の意見として塩化ナトリウムの過剰摂取によっても循環障害が起こる可能性があるということから、塩化ナトリウムの過剰摂取によって死亡したと推測し判断いたしました。
 ペンギンは飼育環境中で塩分の不足に陥ることがあります。その対策として塩分の補給が必要となるため、通常冷凍の生魚を海水中で解凍して与えていました。今回、一時的に、より新鮮な餌が入手でき、そちらを使用した際に添加した塩分を洗い流したのですが、塩分が抜けきらず想定した以上の塩分が含まれてしまった結果ではないかと考えています。ペンギンは海水への適応のため体外に塩分を排出する機能がありますが、それでも塩化ナトリウムの過剰投与になってしまったと考えております。
 今回の結果を踏まえ、今後、より一層の適正な飼育に努めてまいります。飼育技術の向上のため、さらに研究を進めてまいります。
 結果的にペンギンたちの生命を失わせてしまったことは申し訳なく思っております。また、ご心配をおかけした皆様にお詫び申し上げます。

姫路市立水族館



オオウミウマ

info.水族館情報

姫路市立水族館

〒670-0971
兵庫県姫路市西延末440
 (手柄山中央公園内)
TEL.079-297-0321
FAX.079-297-3970


トップページに戻る

アクロバットダウンロードページへ