デジタルミュージアム 姫路市立美術館写真
トップページ 郷土ゆかりの作品 ベルギーコレクション 内外の名品 スケッチブック等
姫路市立美術館 デジタルミュージアム
橋本関雪
1883(明治16)〜1945(昭和20)

神戸市郊外の坂本村(現神戸市中央区)に生まれる。本名関一。父海関は明石藩の儒者であった。12歳の時、四条派の片岡公曠に学び、その後京都に出て竹内栖鳳の「竹杖会」に入門。初期文展で活躍、大正5年から3年連続特選、大正8年からは帝展の中心画家として活躍した。昭和9年帝室技芸員、翌年帝国美術院会員となる。多数の著作があるほか、古美術研究家としても知られている。諸派の画風に学びながら深い教養に根ざした格調高い作品を残した。水墨の動物画に卓越した筆技を見せている。

所蔵作品(見たい作品名をクリック)

月兎図 薄暮 巴山行旅図

月兎図

薄暮

巴山行旅図

青緑蓬莱仙奕図

諸葛孔明 南国 静宵 仙娃図

諸葛孔明

南国

静宵

仙娃図

指頭暮月 摘瓜図 秋山吟客図

枝頭暮月

摘瓜図

秋山吟客図
戻る