日本語  / English


姫路市立美術館 Himeji city museum



企画展示室

ブリューゲル、レンブラント、ルーベンス

バロックの巨匠たち


17世紀初頭フランドル派の画家《バベルの塔》
プラハ国立美術館 ©National Gallery in Prague 2016

2017年2月8日(水)-3月28日(火)


今日多くの人に親しまれている「バロック」という言葉は、「いびつな形の真珠」という意味のポルトガル語 「バロッコ(barroco)」に由来し、ひとつの時代を総称する言葉として19世紀の後半から使われるようになりました。ルネサンスと並ぶ時代精神の表現である「バロック」は、16世紀末のイタリアから始まり、やがてヨーロッパ全土へ伝播し、さらに中南米文化にまで影響を与えました。

本展覧会は、「バロック」を主に16世紀末から18世紀初頭にかけて西洋の広汎な地域に表れた多様な美術様式と捉え、4つのセクション(イタリア絵画、オランダ絵画、フランドル絵画、ドイツ・フランス・スペイン絵画)44点からその展開を一望します。

豊かな色彩表現やドラマチックな明暗法を得意としたヴェネツィア派がイタリアで活躍する一方、オランダやフランドル地方では精緻な描写を得意とする画家が人気を博すなど、この時代は各国の独自性が百花繚乱のごとく開花した時代でした。 歴史画から静物画や風景画が独立・発展し、当時の世俗的なモチーフが宗教画に描かれるなど、絵画は物語を語る媒体としてだけではなく、哲学的な問いを積極的に投げかける存在へと変化します。

現実世界との境界を曖昧にし、観る者に絵画の世界への参加を誘うバロック美術の精神は、近代絵画の成立に大きな影響をおよぼし、現代の我々にも新たな感動を与え続けています。 本展では、レンブラントやべラスケス、ルーベンスといった名だたる巨匠たちの傑作に加え、ティツィアーノをはじめとする16世紀のヴェネツィア派やブリューゲル一族の作品を特別出品し、各国の絵画の多様性を紹介します。

近代絵画の源流といわれるバロック絵画の魅力をご堪能ください。

 ペーテル・パウル・ルーベンス
《十字架への道》
ヨハネ・パウロ2世美術館
©Museum John Paul Ⅱ Collection
レンブラント・ファン・レイン
《襞襟を着けた女性の肖像》
ヨハネ・パウロ2世美術館
©Museum John Paul Ⅱ Collection



  • 休館日  月曜日(ただし3月20日、27日は開館)、3月21日(火)
  • 開館時間 午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
  • 観覧料  一般1000(800)円 大学・高校生600(400)円 
         中学・小学生200(100)円

    ※( )内は20人以上の団体料金
    ※同展入場券で常設展示室もご覧いただけます。
    ※療育手帳、精神障害者保健福祉手帳または身体障害者手帳をお持ちの方及び介護者1名については、手帳を提示いただくことにより、常設展は免除、企画展は半額で観覧いただけます

  • 会 場  姫路市立美術館 企画展示室
  • 主 催  姫路市立美術館、朝日放送株式会社
  • 後 援  駐日ポーランド共和国大使館 
  • 特別協力 読売新聞社
  • 協 賛  株式会社MCエバテックアクアクララ六甲事業部
  • 協 力  国際ゾンタSEN姫路ゾンタクラブ
  • 企画協力 株式会社ホワイトインターナショナル
  • 関連イベント イベントページへ



展覧会割引券 PDF »
◆2月8日より掲載します。
プレスリリース PDF »
◆展覧会情報掲載中!