姫路科学館>プラネタリウム>天文情報室>惑星をみよう>火星をみよう

姫路科学館・火星を見よう

2016年5月30日の火星

地球のおとなりの惑星・火星。2018年の夏休みは、2003年以来15年ぶりの「大接近」の年です。
実は、火星がよく見える時期は「約2年2ヶ月」毎です…??また、良く見える時も「すごく明るく大きく見える!」という時と、「ふ~ん…」という時があります…??
そこには、火星と地球の「共同作業」が作り出す、おもしろい秘密がかくれています。

写真は、2016年5月30日に星の子館の天文台で撮影した火星です。

火星の見ごろは、約2年毎

火星と地球の公転

前回・2016年の火星の接近からの半年ごとの、地球と火星の場所を絵にしてみました。

地球も火星も、太陽の周りを回っています。地球は1周するのに365日=1年ですが、火星は約687日=約1.9年かかります。
すると、地球が太陽の周りを1周して1年たつと、火星はほぼ半周しているので、太陽の近くにあって見え難くなります。次によく見えるようになるのは、地球がおよそ2周した後・約780日=2年2ヶ月後になります。

大接近と小接近

火星の大接近・小接近

さて、2年2ヶ月ごとに火星がよく見える時期が来ます。もし、地球と火星が太陽の周りをまわっているコース(軌道)が、どちらもコンパスで描いたような円なら、どこで近づいても同じ距離です。でも、火星の軌道はつぶれた円(楕円)なので、地球の軌道との間隔は場所によって違います。そのため、地球と近づくタイミングによって、同じ「接近」でも2倍近く距離が違います。近い時を「大接近」、遠い時を「小接近」と呼んだりします。

2003年の火星接近は、「5万年ぶりの大接近」などと言われて話題になりました。地球とどれくらい近づくと「大接近」か、という定義はないのですが、6000万kmより近くなる今回の火星の接近は「大接近」と言ってもよいと思います。

図の火星が衝になる日付は、天体位置の計算方法の違いで「7月27日」となっているものもありますが、どちらも間違えではありません。

夜空の中の不思議な動き

夜空の中の火星の動き

衝や最接近の頃の地球と火星は、「追いかけっこ」をしている状態なので、地球から見た火星は、複雑な動きをします。
おおむね、

  • 火星に追いつくまで→西から東 (順行)
  • 追い越している時→東から西(逆行)
  • 追い抜いた後→西から東(順行)

という風に動きます。また、地球と火星の軌道はわずかに傾きが違うので、一直線に往復しないで、少しカーブを描いて見えます
2018年7月下旬の衝から最接近する頃は、東から西の方へ動いています。周りの星と比べると、動いている様子が肉眼でも分かると思います。

火星の見え方ガイド

火星は、夜空には意外と長い期間見えていますが、目立って赤く見えたり、望遠鏡で見ごたえがあるのは、衝や大接近の前後1ヶ月くらいの間です。
火星の大きさは地球の半分くらいなので、望遠鏡で見ても、大接近の時でないとあまり模様は見えません。

肉眼で 望遠鏡で(低倍率)  望遠鏡で(高倍率)  
肉眼で見た火星 小さい望遠鏡で見た火星 倍率を上げてみた火星
1等星くらいで赤く見える星です 赤く丸く見えます わずかに模様が見えます

火星はどこに見えるの?

火星は必ず決まった時期に、決まった場所に見えます。2018年は「やぎ座」の中ですが、周りに目立つ星はないので、かえって分かりやすいと思います。

惑星は太陽の周りを周っているので、見える時期や場所を計算することができます。ただ、惑星はそれぞれのリズムで動いているので、「夏に必ず火星が見える」という事はなくて、どの時期に見えるのかは毎年違います。また、惑星は空の上の太陽の通り道(黄道)にそって見えます。

惑星がいつ見えるのかは、インターネットで検索をしたり、パソコンのソフトを使うのが便利です。 

火星が見える方向のめやす

上旬(1日) 中旬(10日) 下旬(20日)
夕方 夜中 明方 夕方 夜中 明方 夕方 夜中 明方
6月
7月 西
8月 西 西 西
9月 南→西 西 西
10月 西 西 西

火星は肉眼で見えるの?

火星は肉眼で十分見えます。ただし見えても「普通の明るい星」で、大接近だからと言って大きくは見えません。

望遠鏡が発明されるはるかに前から、「うろうろ動く変な星」は注目をされていたので、火星も入れた5大惑星は肉眼で見えます。みなさんがいつも見ている夜空の星のどれかも、惑星の可能性があります。ただ、図鑑の写真のように形や模様は、望遠鏡の助けがないと見えません。

火星は1等星より明るい事があるので、街の中でも見えます。でも、ほかの1等星と見た目の違いは「ちょっと赤い」くらいなので、あらかじめ場所を知っておくと、迷わずに済むと思います。

見るのに道具はいるの?

火星の形や模様を見るためには、天体望遠鏡が必要です。

ただ、望遠鏡があっても、火星の大きさは地球の半分ほどなので、正直に言って小さいです。また、距離の変化が大きいので、衝や最接近から1ヶ月を過ぎると「遠くで光っている電球」のようにしか見えません…

  • 意外と小さい望遠鏡でも、しっかりピントを合わせると、形が見えます
  • しっかりきれいに見えるためには、それなりにしっかり(特に望遠鏡を支える台)した望遠鏡が要ります
  • 天候(特に空の高い場所の風)によって、惑星の見え方はかなり違います
  • あわてて望遠鏡を買うよりも、科学館や公開天文台の観望会に出かけて、大きな望遠鏡で見ることもできます(→「PAONAVI」というページで観望会の情報を検索できます)

火星はどれくらいの大きさで見えるの?

火星の見え方の変化

地球と火星が一番近づく時「最接近」のタイミングは、軌道の場所によって違います。おおむね、太陽-地球-火星が一直線にならぶ「衝(しょう)」の時がですが、前後することがあります。2018年は、衝が7月28日、最接近は7月31日です。

きっとニュースでは「火星が7月31日×時×分に最接近!」という言われ方をすると思いますが、正直に言ってあまり意味はありません。大接近の瞬間だけが特別大きく見えるわけでなくて、前後1ヶ月くらいはほぼ同じように見えますので、あわてずに何度も見て、変化を楽しむとよいと思います。

他に気をつけることは?

大原則として、天気が悪いと見られません。くもりや雨の日は、きっぱり諦めてください。

  • 望遠鏡より「虫よけスプレー」や「冷えないための上着」の方が大切です。
  • 「修行」ではありませんので、つまらなくなったら即撤退です。ぜひ楽しくご覧ください。
  • もちろん、安全第一です。子どもだけで出かけたり、車の多いところや治安のよくない場所はさけてください。
  • 夜間ですから、周りへの迷惑にも十分気を払ってください。
  • くもりや雨の日は見えません自由研究や旅行の目的にする時には、見えなくても楽しめるメニューも考えてください。

関連イベント

ミニ展示「火星大接近!宮本正太郎とスケッチ観測のススメ」

貴重な古い実験器具を展示

姫路ゆかりの天文学者、宮本正太郎京大名誉教授と火星のスケッチ観測の魅力を紹介しています。詳しくは特集のページへ。

  • 日時:6月1日(金)~9月3日(月)
  • 場所:姫路科学館4階 常設展示室
  • ご覧頂くには、常設展示観覧券(大人500円、小中高校生200円)が必要です

火星儀を作ろう(姫路科学館×星の子館 連携事業)

火星儀を作ろう

火星のお話と、火星表面の型紙で直径10cmの火星儀を作ります。今回限定の「宮本正太郎火星儀」を作ることもできます。

  • 日時:7月28日(土)・29日(日) 10時30分~12時
  • 場所:姫路科学館4階 工作室
  • 対象:小中学生 各回15人
  • 参加費:200円
  • 2週間前必着の往復はがきで、姫路科学館宛にお申込みください

火星観望会(姫路科学館×星の子館 連携事業)

7月末に地球に地球に接近して見ごろを迎える火星と、木星や土星を望遠鏡で観望します。

  • 日時:8月18日(土)・19日(日) 19時30分~21時
  • 場所:姫路科学館屋外デッキ
  • 参加費無料、どなたでも参加できます
  • 当日受付、悪天候時は中止いたします

自由参加の科学教室「折り紙火星儀を作ろう」

折り紙火星儀

GW中に、会場に展示されている「宮本正太郎手書きの火星儀」と「火星探査機撮影した火星の写真」を元に、折り紙の技法を使った工作をしました。夏休みの火星大接近に向けて、また工作会を開催する予定です。
参考資料:「折る幾何学」(日本評論社) 前川淳

参考資料

  • 国立天文台暦計算室
  • アストロアーツ「火星大接近」
  • 天文年鑑2018
  • ステラナビゲーターver.10