姫路科学館>プラネタリウム>天文情報室1>人工衛星を見よう

姫路科学館・人工衛星を見よう

人工衛星を見よう

 夜空を見ていると、星以外にも面白いものが見えます。それは「人工衛星」です。
 一見、飛行機のように見えますが、点滅しないでまさに「動く星」のように見えます。天体写真を撮るときには、邪魔に思うこともありますが、見えると意外とうれしいです。

 このページでは、そんな人工衛星の見かたをご紹介します。

左の写真は「イリジウム」という人工衛星が輝いて見えている写真です。
2014年5月19日20時6分撮影

超短縮版・人工衛星の見かた

  • いつどこに見えるかは、インターネットで調べられる
  • 晴れていれば、予報の時刻と場所に必ず見える
  • 見える時間は、夕方か明け方
  • 点滅していない星のようなものが動いていたらOK

人工衛星とは

 「衛星」とは、地球や土星のような、太陽の周りをまわっている天体・惑星の周りを回っている天体のことです。例えば、地球の衛星といえば「月」ですよね。そして、人間が作り出した地球の周りを回る機械たちが「人工衛星」です。
 世界初の人工衛星は、1957年に旧ソ連で打ち上げた「スプートニク1号」です。その後も、人工衛星は毎年のように打ちあげられていて、これまで約7000個が打ち上げられて、その中で、現在地球の周り回っている物は約3500個と言われています(参考)。

 国際宇宙ステーション(ISS・International Space Station)のように、サッカー場くらいの大きさのあるものから、10cm角くらいの超小型衛星まで、ミッションに合わせて様々な人工衛星が作られ、私たちの生活を便利にしています。

人工衛星の情報を手に入れる

 人工衛星がいつ・どの方向に見えるかは、地球の周りをまわる軌道に基づいて、計算して予報することができます。
 以前は、人工衛星の軌道を示す「軌道要素(きどうようそ)」から、自分で計算をしましたが、今はインターネットで簡単に、空のどの場所に見えるか知ることができます。また、ツイッターやFacebookなどで、人工衛星の見ごろを教えてくれる事もあります。

Heavens-Above

ドイツ航空宇宙センターが開設している、人工衛星の予報サイトです。日本語でも使えるようになったので、覚えておくと便利です。

  1. http://www.heavens-above.com/ にアクセスする(ログインは不要です)
  2. もし日本語でなければ、右上の「Language」から「日本語」を選ぶ
  3. 「観測地点:Unspecified 」をクリックして、出てきた地図から自分のいる場所をクリックします
  4. 一番下の「タイムゾーン」を「(GMT+9:00)Japan」にして[更新]をクリックします
  5. あとは、見たい人工衛星の名前をクリックすると、この先10日分の予報が見られます

人工衛星の見え方

 人工衛星は、自分では光を出していなくて、太陽の光が当たって光って見えます。だから、夕方や明け方の「地上は暗いけれど、人工衛星がいる空の高い所は日が射している」時が見頃です。

おすすめの人工衛星

国際宇宙ステーション(ISS)

国際宇宙ステーションの通過

 日本を含めた世界15ヶ国が共同で作り上げた、有人の「宇宙の実験室」です。全体の大きさは約70m×110mとサッカー場くらいの大きさがあります。時々、日本人の宇宙飛行士が滞在して、2014年には若田光一氏が船長を務めました。

  • 見え方:とても明るくて、1等星より明るく見えることもあります
  • 見える時期:およそ夕方1週間くらい→見えない→明け方1週間くらい→見えない→夕方…と繰り返します
  • 見える場所:広い範囲で見えます
  • 見えている時間:数分間
  • 予報サイト1:きぼうを見よう(JAXA)
  • 予報サイト2:国際宇宙ステーションを見よう(倉敷科学センター)

ISSの月面通過ごくまれに、国際宇宙ステーションが太陽や月と重なって見えることがあります。
見られる範囲は、長さは数100kmありますが、幅は数km程度の細長い範囲で、時間は1秒以下です。

写真は月面を通過するISS(白い点)で、時間は1.5秒程度です。

イリジウムフレア

イリジウムフレア

 イリジウムは、地球上のどこででも携帯電話が使えるように打ち上げられた66機の人工衛星群です。(当初、77機の衛星を打ち上げる予定だったので原子番号77のイリジウムにちなんで名づけられました)
 搭載されている鏡のようなアンテナが太陽の光を跳ね返して、数秒間とても明るく輝いて見えて「イリジウムフレア」と呼ばれています。流星やUFOと間違えられることもあります。

写真は1分間シャッターを開けて撮影した、イリジウムフレアです。
実際に光って見えるのは10秒程度です。

日本が打ち上げた人工衛星

(準備中)

人工衛星を記録する

 人工衛星を見るのに、望遠鏡はいりません。
 人工衛星は近くで見るととても大きく感じますが、一番近くても100km以上離れているので、望遠鏡を使って形を見ることはできません。また、夜空を高速で通過するので、望遠鏡で追いかけるのも困難です。(国際宇宙ステーションは例外ですが…)

目で記録する

明るい人工衛星は、十分目で見えます。星座の中の移動の様子をスケッチすると、楽しいかもしれません。

写真やビデオで記録する

 人工衛星は、空の中を通過するコースと時間が決まっているので、カメラで待ち構えて写真を撮ることができます。
 ただ、移動していて星よりも暗く写るので、少し感度を上げたほうがよく写ります。短い露出で撮影して、あとで「比較明合成」をすると、上の写真のように、空の広い範囲での移動の様子がよくわかります。
 ビデオでは、ISS以外はほとんど写りません。

他に気をつけることは?

 人工衛星も夜空に見えるものの1つですから、星や流星を見る時と同じような注意がいります。。

  • 夜間や早朝は、世の中全体では寝ている人の方が多いです。周りへの迷惑に十分注意を払ってください。
  • もちろん安全第一です。子どもだけで出かけたり、車の多いところや治安のよくない場所は避けてください。
  • メガネやコンタクトの方は必ず持参しましょう。ピンボケでは何も楽しくありません。
  • 「修行」ではありませんので、つまらなくなったら即撤退です。
  • くもりや雨の日は、当然見えません。自由研究や宿題のネタにする時には、見えなくても楽しめる(つぶしのきく)メニューも考えてください。

参考資料