姫路ロボ・チャレンジのロゴ
【姫路ロボ・チャレンジ】第4回大会(2007年7月)

 ロボットたちの熱い夏、7月14日(土)・15日(日)に姫路ロボ・チャレンジが開催されました。今回は、ロボットの自律動作による新競技が取り入れられて、より高度なバトルが展開されました。
 また今回も、スタンダードクラス総合優勝者には「ROBO−ONE(TM)」第12回決勝出場権が授与されました。

エントリークラス(7月14日)

初心者大歓迎のクラスです。 エントリークラスの様子

デモンストレーション

各自2分間でロボットの性能をアピールしました。

ロボットかけっこゲーム(3,000mm走)

3,000mmのタイムトライヤルをしました。

ロボットバトルゲーム

今回から、スタンダードクラスと同じルールのバトルになって、より見ごたえのある試合となりました。

エントリークラス総合成績

2つの競技の成績に、観客からのファン投票のポイントを加算して、総合成績を決めます。

スタンダードクラス(7月15日)

全国大会出場経験のあるロボットたちも参加して、手に汗握る熱い闘いが繰り広げられました。 ロボットバトルゲーム

デモンストレーション

各自2分間でロボットの性能をアピールしました。

自律競技「さがしてポン」

今年からの新競技です。ロボット自身がセンサーでボールを探して、玉を落としていきます。高度な技術が要求される闘いです。

ロボカーナ

全長5,000mmのコースでタイムトライヤルをしました。曲がりくねったコースをいかに早く駆け抜けるか。操縦者のテクニックに注目です。

ロボットバトルゲーム

バトルの会場

特設リングの上で、3分1ラウンドのバトルをしました。

スタンダードクラス総合成績

3つの競技と観客からの「投票ポイント」の合計で、総合成績が決まりました。

姫路ロボ・チャレンジとは

第5回大会【2007年冬の陣】

過去の対戦