[姫路城の建築美]大天守南面の破風

[姫路城の建築美]大天守南面の破風

自然の石をそのまま加工せずに積んでいく野面(のづら)積み。羽柴(豊臣)秀吉が築城した際の古式石垣です。積み石の石と石の間に生じた隙間に間詰(まづめ)石が入れられています。