姫路フィルムコミッション Himeji FC News

網干商工会館(姫路市網干区)

vol.3

ノスタルジックな時代を追憶する。街を見守り続ける商工会館

網干商工会館は、網干商工同友会の施設として昭和15年に建てられました。近代的な特徴のある外観で、赤い色の三角屋根、丸窓とバルコニー、建物を覆うようにつたう青々しいツタや大きな木が絵に描いたようで、物語の印象的なシーンに使えそうです。地下1階、地上2階建てで、当時、利用していた人たちの息遣いが建物全体からそのまま感じられます。時代物から現代物まで、作品のジャンルや大きさにとらわれず、人気が出そうなロケーションです。アクセス

アクセス

姫路市内から車で約30分
兵庫県姫路市網干区興浜22

網干商工会館

現在も活用されている地域の大切なコミュニティースペース!

おすすめロケーション

  • 1F
    網干商工会館(姫路市網干区)2 廊下:赤いじゅうたんと下足箱が雰囲気を盛り上げます
  • イチオシ

    網干商工会館(姫路市網干区)3 事務所兼守衛室:全面が窓になっていて見通しのよい独立式の部屋。交番や事務所のシーンに最適
  • 網干商工会館(姫路市網干区)4
  • らせん階段:段数は少ないが、学校のシーンに。モダンな印象です
  • 2F
    網干商工会館(姫路市網干区)5 階段上の窓:外から見えている丸窓の正体。薄グリーンの窓枠がかわいい
  • イチオシ

    網干商工会館(姫路市網干区)6 2階廊下:サッシが入っている以外は当時のままの雰囲気
  • 網干商工会館(姫路市網干区)7
  • 舞台のある部屋:長机も置けるスペースで舞台のバックヤードもあり。会議のシーンや演説シーンに
  • 地階
    網干商工会館(姫路市網干区)8 地下への階段:先が見えなくずっと奥まで続きそうな階段。地下の部屋は倉庫として使われている

ロケ支援の現場

「超高速!参勤交代 リターンズ」を姫路城で撮影!!(2016年公開予定)

2014年にスマッシュヒットを記録した「超高速!参勤交代」がさらに加速し“超高速”で続編の製作が決定!続編は前作同様、徳川吉宗が将軍を務めた江戸時代中期が舞台。「5日以内に江戸へ参勤せよ!」という理不尽な老中の要求に立ち向かい、参勤を果たした内藤政醇一行が国元に戻る「交代」の様子が描かれます。姫路では10月29日に姫路城内の3カ所で撮影が行われました。大手門で行われた将軍徳川吉宗の「日光社参」の行列シーンのほか「西の丸庭園」や「ぬの門」前でも撮影が行われました。NHK連続テレビ小説「あさが来た」NHK連続テレビ小説「あさが来た」平日にも関わらず、姫路から約80人ものエキストラさんが撮影に参加。2016年に全国の映画館で上映される予定です。ぜひ劇場でご覧ください。

■配給/松竹
■出演/佐々木蔵之介、深田恭子ほか
■監督/本木克英
■脚本/土橋章宏

■ロケに関することは姫路フィルムコミッションへ!

ネットで簡単に
ロケハンができます
ロケに適した建物や風景の写真約2,000カットを収録した「ロケーションライブラリー」。オフィスや山、池、まち並みなどカテゴリーで検索でき、スムーズなリサーチが可能です。
メールマガジン
配信中!
番組制作に役立つ姫路の最新情報を満載したメールマガジンを毎月1回配信しています。登録は下記ホームページから、メールアドレスを入力するだけ。ぜひご登録ください。

姫路フィルムコミッションは国際フィルムコミッショナーズ協会(AFCI)に加盟しています。
ロケのことなら、姫路フィルムコミッション(姫路観光コンベンションビューロー内)へ。