本文へ  Multilingual English |中文 |한국어 |Français |Español |Português |Deutsch |Việt Nam

あの名シーンをもう一度!

今年で姫路フィルムコミッション
(FC)は設立15周年を迎えます

ロケ支援件数は1300件を上回り、撮影にはたくさんの方々にご協力いただきました。そこで、15周年を記念し、時代ごとに名作をフューチャーして、名場面が生まれた瞬間を振り返ります。

映画「大奥」で使用された姫路城のシーン

映画「大奥」(2006年公開)

  • 出演:仲間由紀恵、西島秀俊ほか 監督:林徹
  • 撮影場所:姫路城西の丸庭園

大奥史上最大のスキャンダルといわれる「絵島生島事件(えじまいくしまじけん)」をもとに、女たちの権力欲と陰謀、哀しい恋模様をつづる物語。姫路城西の丸庭園から見える天守閣を江戸城に見立て、華やかな宴(うたげ)のシーンを演出しました。CGが普及する映画業界ですが、姫路城はCGに頼らなくとも、そのままの姿で400年前の再現撮影ができる唯一無二のロケーションです。

ロケ歴史の証人②
豪華キャスト!まさに百花繚(りょう)乱!

Q1.出演時のエピソードは?

A1.背景が天守閣になるシーンが多いので観光客の映り込みがないように誘導したり、また有名な出演者が多かったので、観光客の整理なども大変でした。

Q2.演技・オープンセットを見てどんな印象を持ちましたか?

A2.大奥にふさわしい豪華な出演者、きれいな衣裳。出演者60人、スタッフ45人が一つになって撮影された息の合った踊りのシーンは、壮観で見応えある撮影でした。

Q3.文化財である姫路城のロケ受け入れについてどう考えていますか?

A3.文化財施設としての制約は当然存在します。だめなことは駄目ですが、撮影の時間帯等、融通し協力できるところはないかフィルムコミッションと相談し、安信光浩さん姫路城管理事務所
係長 安信光浩さん
姫路城のPRにつながる撮影には極力協力したいと考えています。この姿勢が文化財の活用と保存の両面につながると思います。

姫路城西の丸庭園の写真

姫路城西の丸庭園

歴代大奥シリーズ
天守の色が異なる

2006年の映画「大奥」の姫路城

映画「大奥」撮影当時の天守(2006年)

2015年の映画「大奥」の姫路城

最新作ドラマ「大奥」撮影時の天守(2015年)
背景に映る姫路城の漆喰の変化から大奥シリーズの歴史を感じられます。

映画「憑神」の撮影風景

映画「憑神」(2007年公開)

  • 出演:妻夫木聡ほか
  • 監督:降旗康男

ろの門では、妻夫木聡さん演じる将軍の影武者が出立するシーンの撮影が行われました。

映画「火垂(ほた)るの墓」の撮影風景

映画「火垂(ほた)るの墓」(2008年公開)

  • 出演:吉武怜朗ほか
  • 監督:日向寺太郎

夢前町にある清瀬一郎邸は、兄妹の実家として撮影されました。現在は非公開。兵庫県をあげて誘致した作品です。

2005年から2008年に撮影された主な作品

FCが語る② ~私たちFCができること~

Q1.携わった作品で印象に残っている作品は?

A1.姫路城での「報道ステーション」の夜桜中継や映画「大奥」の「宴のシーン」などたくさんあるのですが、印象に残ったのは「火垂るの墓」です。姫路城以外の場所(清瀬邸)での初めての大型撮影で、松田聖子さんなどの出演者に地元の人が集まり、撮影現場が混乱してしまいました。これを良い教訓にし、井川義之さんFC担当(当時)
井川義之さん
地元の方を巻き込んで炊き出しを一緒に行ったりして、市民の方に積極的に撮影に参加して頂く機会を設けたいと思いました。

Q2.FCの仕事に携わっていかがでしたか。

A2.FCの仕事に就くまでは、東京や京都などで撮影の照明技師をしていました。制作現場での経験とFCで得た知識から、姫路城の撮影では機材のケーブルを西の丸庭園などに引き込むために鉄砲狭間(さま)や瓦の上に通せるカバーなどを作り、昔の撮影仲間や他のスタッフに喜ばれたのを覚えています。そのカバーは現在も使用されているそうです。狭間保護カバーの写真狭間保護カバー情報番組が多かったこともあり姫路城や好古園、円教寺など姫路のいい所を知ることができ、勉強になった3年間でした。

映画「本能寺ホテル」 が撮影されました。

鈴木雅之監督がメガホンをとり、織田信長が暗殺される「本能寺の変」の前日を描く歴史ミステリー映画。姫路市では綾瀬はるかさん、堤真一さんをはじめ豪華キャストが書写山円教寺と亀山本徳寺を訪れました。撮影は円教寺でクランクインし、信長とその家臣、主人公の繭子がこの時代の遊び「ぶりぶりぎっちょう」をして遊んでいるシーンを撮影。亀山本徳寺では、本能寺の大広間で茶会が開かれているシーンを撮影。今回は役付きのエキストラさんもおり、その演技にもぜひ注目してご覧ください。映画は来春劇場公開予定です。

映画「本能寺ホテル」 信長とその家臣がお茶会をするシーン

<亀山本徳寺
大広間>
信長とその家臣が
お茶会をするシーン

映画「本能寺ホテル」 ぶりぶりぎっちょうをして遊んでいるシーン

<書写山円教寺
三つの堂>
ぶりぶりぎっちょうを
して遊んでいるシーン

  • 撮影日/平成28年7月10日(日)、25日(月)、26日(火)
  • 撮影場所/書写山円教寺・亀山本徳寺
  • 配給/東宝
  • 出演/綾瀬はるか、堤真一ほか
  • 監督/鈴木雅之

■ロケに関することは姫路フィルムコミッションへ!

ネットで簡単に
ロケハンができます
ロケに適した建物や風景の写真約2,000カットを収録した「ロケーションライブラリー」。オフィスや山、池、まち並みなどカテゴリーで検索でき、スムーズなリサーチが可能です。
メールマガジン
配信中!
番組制作に役立つ姫路の最新情報を満載したメールマガジンを毎月1回配信しています。登録は下記ホームページから、メールアドレスを入力するだけ。ぜひご登録ください。

姫路フィルムコミッションは国際フィルムコミッショナーズ協会(AFCI)に加盟しています。ロケのことなら、姫路フィルムコミッション(姫路観光コンベンションビューロー内)へ。

リニューアル

姫路フィルムコミッション
今季号の表紙
お城からの手紙 66号の表紙

広報ひめじへのご意見・ご感想などがありましたらお気軽にお寄せください

〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 電話079-221-2070 ファクス079-221-2076(広報課)

メールで問い合わせる(広報課)

Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.

このサイトについて | プライバシーポリシー | ウェブアクセシビリティへの対応について | 著作権・リンク・免責事項