いいものひめじ

コードバン

「成牛革」生産量の兵庫県の全国シェアは約7割。
中でも姫路市の皮革産業の歴史は古く、
高木地区には約80社のタンナー(皮革工場)が集まっています。

長財布52,000円(税別) 名刺入れ21,000円(税別)

姫路では古くから地場産業として、皮の鞣(なめ)しが行われてきました。その歴史に培われた技術で、世界最大の皮革見本市APLFで世界の頂点を極めるほど高品質な革を生産しています。

革は食肉産業の副産物であるため、革製品の多くは牛革になりますが、姫路は馬革の生産もさかんで全国シェアは約7割。中でも革のダイヤモンドと呼ばれるのがコードバンです。写真馬の臀部(お尻の部分)だけを使った革で、1頭からとれる量が少なく希少性の高いもの。ヨーロッパから運ばれてきた原皮をていねいに掃除し、タンニン槽に漬け込んで鞣してから熟成させて色をつけて磨く。10カ月もの時間をかけてできた革は、艶やかな輝きを持ち、使い込んでいくと独特の風合いが生まれます。

驚くことに、コードバンを安定供給できるタンナーは世界で2社といわれています。そして、国内唯一のコードバンのタンナーが姫路にある新喜皮革。新喜皮革で作られたコードバンを用いたオリジナルの商品も作られています。

新喜皮革

姫路市花田町小川1166
電話/ 079-224-8136

ウォームス クラフツ マニュファクチャー

新喜皮革のオリジナルブランド。高品質なコードバンをはじめとする馬革を使い、鞄、財布などを製造、阪急うめだ本店、阪急メンズ東京などで販売。フラッグショップ・ウォームス クラフツ マニュファクチャーバンクス(大阪市北区中之島5-3-67 中之島BANKS WEST)が9月にリニューアルオープン。

今季号の表紙
今季号の表紙