姫路城の規模 scale

姫路城の規模

姫路城の規模を示す特長をご紹介します。
姫路城が日本一の名城といわれる理由として、次の3点が挙げられます。

巧妙な螺旋(らせん)式縄張(なわばり)

お城の要塞としての機能性は、縄張(設計、構成、仕組み)のよしあしで決まります。姫路城の縄張は、抵抗(防御)線が3重の螺旋形になった複雑巧妙なもの。これは江戸城と姫路城にしか類例のない形式です。
(写真:お城の北を基点に左巻きに螺旋を描く堀)

美しい連立式天守閣

5重6階の大天守と3つの小天守が渡櫓(わたりやぐら)でつながり、幾重にも重なる屋根、千鳥破風(はふ)や唐(から)破風が、白漆喰総塗籠造(しろしっくいそうぬりごめつくり)の外装と相まって、華やかな構成美をつくっています。
(写真:西小天守側から見た大天守 )

昔を伝える「不戦・不焼の城」

姫路城はその400年の歴史の中で、戦にまみえることなく、近代の戦災に遭うこともなかった、たぐいまれな城です。その結果天守や櫓、門などの保存状態が非常によいうえ、ほかに類例のない遺構も多く、極めて貴重な文化遺産となっています。

姫路城の規模を表す数字

大天守の高さ 姫山(標高45.6m)、石垣が14.85m、建物が31.5mで合計海抜92m
心柱の大きさ 東西に2本、高さ24.6m、根元直径95cm、末口42cm
面積 内曲輪(うちくるわ)以内の面積は23ヘクタール(230,000平方メートル)。また外曲輪(そとくるわ)以内の面積は233ヘクタール(2,330,000平方メートル)。内曲輪の面積を甲子園球場のグラウンド部分(14,700平方メートル)と比較すると、約15.9倍に。また皆さんが座られるスタンド部分も含めた球場全体(39,600平方メートル)と比較すると約5.9倍になります。