検索方法
 

鹿ヶ壺付近の自然探索スポット

姫路市安富町の最北端関地区を中心に広がるレクリエーションゾーン ”グリーンステーション鹿ヶ壺”。県指定名勝「鹿ヶ壺」や「三ヶ谷の滝」などの天然記念物が多数あり、自然探索やアウトドアレジャーの拠点エリアとなっています。 
また、キャンプやハイキングなどが楽しめる施設も整備されています。 緑に囲まれた”グリーンステーション鹿ヶ壺”は、心身のリフレッシュに最適です。

ご紹介

鹿ヶ壺(県指定名勝)

全景

渓谷の岩底が長い年月の間に浸食されてできた凹穴が大小十数個連なっています。この壺の名称は、一番上側の凹穴がちょうど鹿の寝姿に似ていることに由来しています。最も大きなものは水深が5メートル余りにも達し、底無壺と呼ばれ、はるか遠く瀬戸内の海に通じているという伝説があります。夏休みには水着姿の子供たちが滝すべりを楽しむ風景に出会うこともあります。

三ヶ谷の滝

全景

落差は、約20メートルで横に長く切り立った岩盤に白く水が流れ落ちる様はたいへん優美です。むかし、水不足の年に雨乞いをしたといわれるお不動さんが、この滝の中ほどにまつられています。

大かつらの木(市指定天然記念物)

全景

東カニワ渓谷の小さな支流にあって、ゴロゴロとした岩石の多い谷間にひっそりと二株生えており、それぞれの周囲は約10メートルと大きく見事なものです。

千畳平

全景

名前のとおり、山の中腹にひらけた平坦地です。夏は新緑、秋には紅葉が美しく、山岳で有名な雪彦山へのハイキングも楽しむことができます。また、鹿ケ壷や三ケ谷の滝への遊歩道も整備されています。

水尾神社の磐坐と水尾公園

全景

水尾神社の磐座に隣接する水尾公園は安富ダムの流入部にあって、規模は小さいながらも美しい渓谷ときれいな水を有し、年中バーベキューなどを楽しむ人々で賑わいます。

水尾神社の大スギ(県指定天然記念物)

全景

水尾神社は暦応元年(1338年)に建立された古い神社で、神木として植えられたこの杉の木は樹皮が美しく樹勢は旺盛で根周り約10メートル、樹齢約600年といわれる大きなものです。

安富ダム

全景

昭和61年に完成した重力式コンクリートダムで堤体の高さ50メートル、長さ約145メートル、総貯水容量295万立方メートルの規模を持ち、洪水調節を主目的としたダムです。静かな散策が楽しめます。

大落としの岩場

全景鋭くそそり立つ岸壁は、鹿やイノシシなどの獣もよせつけないほどの険しさを持っており、大落としの岩場と呼ばれています。

Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地