「はりま」のグルメ

姫路おでん

姫路おでん

姫路では、昔からおでんを生姜醤油で食べるのが一般的で、これが姫路おでん最大の特徴です。お店によっておでんの味付けや醤油の味が異なるため、自分好みのお店を選ぶのも楽しみのひとつです。

にくてん

にくてん

高砂市周辺で食べられているお好み焼き「にくてん」。味付けをしたジャガイモが入っているのが大きな特徴で、薄く延ばした生地にじゃがいも、甘辛く炊いたすじ肉やこんにゃくなどが具材に入ります。生地のもっちり感とジャガイモのホクホク感が合わさった独特の食感がやみつきになります。

もちむぎ麺

もちむぎ麺

もちむぎは、小麦の麺に比べ高タンパク・高ミネラル。食物繊維を多く含み、コレステロールを低下させる働きがあるといわれるβグルカンを多量に含んでいます。のどごしが良く、食感はコシのあるうどんのよう。独特の香ばしさと相まって高い人気です。

へらへとバーガー

へらへとバーガー

「へらへと」とは加西地方の方言で「たくさん・いっぱい」という意味だとか。地元加西産の米を使った米粉のバンズに、サンチェ、雪姫ポークのパティ、紫黒米の焼きおにぎりを“へらへと”使用しております。これに加西産のぶどう「ゴールデンベリーA」を使った生姜焼ソースをかけたALL加西のご当地バーガーを、さあ召し上がれ。販売場所:加西サービスエリア下り線

ホルモン焼うどん

ホルモン焼うどん

新鮮な牛ホルモンと野菜を鉄板で炒めてから、うどんと少しの出し汁を入れて焼き上げ、特製タレに浸けて食べます。精肉の出荷が多かった佐用周辺ではホルモンが簡単に手に入ったため、うどんと一緒に食べられるようになったと言われています。

かき

かき

ミネラル分が豊富な播磨灘の海で育った牡蠣は、たった1年で出荷できるまでに成長します。主な産地は「赤穂」「相生」「たつの」「姫路」。それぞれ産地直売店や料理店、ホテル・旅館などで味わうことができます。

かつめし

かつめし

ご飯の上に叩いて平たくした牛カツをのせ、デミグラスソース系のたれをかけた料理です。いまではご当地グルメとして定着し、加古川市やその周辺の100店舗以上で食べる事ができます。店によってトンカツ、チキンカツやエビフライなど変わり種のかつめしもあり、様々なバリエーションを楽しめます。

播磨の日本酒

播磨の日本酒

はりまは、酒米の王様「山田錦」の全国生産量の約8割を占める最大の産地です。1300年以上前の「播磨国風土記」に麹を使った日本酒の造り方が初めて登場するなど日本酒のふるさとです。

「前どれ」の海産物

「前どれ」の海産物

瀬戸内海の中でもとりわけ多くの魚が回遊する恵まれた播磨灘から水揚げされた海産物。目の前に拡がる播磨灘で穫れた新鮮な海の幸を味わえることから「前どれ」料理と呼ばれています。