星の子館>利用案内

『星の子館』を使う・ご利用案内

星の子館のステンドグラスです

 『星の子館』は姫路市北西部にある桜山公園の中にあって、「泊まって」「遊んで」「学べる」子どもたちのための楽しい施設です。でも、泊まらずに遊びに来るだけでも、大人の方だけでのご利用も大歓迎です!

 ご利用については、よくある質問のページもご覧下さい

星の子館で できること

 星の子館は「公共の宿」「児童館」「天文台」の3つが合わさった施設です。みなさんのアイディアで、いろいろな使い方ができます。設計は建築家の安藤忠雄氏です。

  • 宿泊とお食事…街を離れて自然の中で、安い料金でゆっくりとお泊まり頂けます。姫路観光の基地や、会議室を使って泊りがけの社内研修などにも利用できます。
  • 児童館(子どもの遊び場)…プレイルーム、トレーニングルーム、別館なかよしホールで自由に遊べます。また、どくしょルーム(図書館)もあります。週末を中心にいろいろなイベントも開催しています。
  • 天文台…90cm反射望遠鏡を使った天体観望会を毎日しています。お天気が良ければ、季節に合わせた様々な天体を見ることができます。
  • 桜山公園…星の子館は広い公園の中にあります。公園の中では自然観察ができたり、大きな広場で体を動かすことができます。

 館内の施設は館内のご案内のページ、外観は建物のデザインを楽しむのページをご覧ください

入館料

 入館は無料です。

 宿泊をされる場合は、宿泊費が必要です。料金など宿泊については、泊まるのページをご覧ください。
 また、イベントの内容によっては参加費が必要です。

休館日

 定期的な休館日は、

  • 毎月第2水曜日(8月と12月は開館します)
  • 年末年始(12月28日から1月4日)

です。 詳しくは、イベントカレンダーをご覧ください。

利用できる時間

  • 館内の施設:9時から17時まで(宿泊の方は21時まで)
  • 夜の天体観望会:1回目・19時から 2回目・20時から どちらもお話と天体望遠鏡を使った観望や見学で約50分間です
  • 宿泊、レストラン:「泊まる」のページをご覧ください

星の子館へのアクセス

 詳しくは、交通アクセスのページをご覧ください。
 姫路駅からの公共交通機関(バス)の本数は少ないので、時刻にお気をつけください。
 車で来られる際は、駐車場(約40台)は無料です。

バリアフリー

  • 宿泊室泊まるのページへ)
     床に段差のない洋室を1室ご用意しております。介添えの方もあわせて4名様(1名補助ベッド使用)までご利用いただけます。お部屋には、トイレ、お風呂、非常通報ボタンを備えています。
  • トイレ
     館内1階に、車椅子でもご利用いただけるトイレ(男女兼用)がございます。非常通報ボタンを備えています。
  • 宿泊料金宿泊料金表
     障害者手帳をお持ちの方は、通常宿泊料金より500円割引になります。お越しの際は、手帳をご持参ください。
  • 館内の移動館内のご案内のページへ)
     駐車場から6階まで、2機のエレベーターを乗り継ぎながら移動できます。
  • 天文台と天体観望会天文台のページへ)
     申し訳ありませんが、天文台までは途中階段(約70段)を利用しないと行けません。車椅子などで観望会をご希望の方は、事前にご相談ください。

周辺施設・観光地

 星の子館は、自然がいっぱいの桜山公園の中にあって、周辺に様々な施設があります。詳しくは「桜山公園」のページをご覧ください。

 姫路市内の主な観光の情報については、姫路市内の観光施設早見表をご覧下さい。