姫路市男女共同参画推進センター あいめっせ(I-messae) ホームに戻る

19年度に開催した講演会


6月23日(土)
男女共同参画週間講演会
宝井琴桜講演会
タイトル 講談で語る男女共同参画
山下さんちの物語 「タテからヨコヨコ参画編ー姫路の場合ー」
講師 講談師 宝井琴桜さん
内容 女性初の真打に昇進した講談師の宝井琴桜さんを東京からお迎えし、講談を通して、男女共同参画社会について楽しく分かりやすく語っていただきました。
講談では、東京の下町に住む「山下さん一家」を中心とした人々が、さまざまな時と場所で出会う「?」な場面を、参画意識で乗り切る様子を「笑い」を交えてお届け。また、時より姫路の話題も飛び出しました。
特に姫路の祭り文化をはじめとする伝統や歴史と参画社会の関わりを、「しなやかさ」という言葉で締めくくっていただいたのが、印象的でした。
11月17日(土)
あいめっせフェスティバル講演会
蟹瀬誠一講演会
タイトル 「共働き」ではなく「共育て」
〜ワーク・ライフ・バランスのススメ〜
講師 国際ジャーナリスト・ニュースキャスター・明治大学文学部教授
 蟹瀬誠一さん
内容 午前10時からの講演会のため、東京駅午前6時発の「のぞみ1号」で、姫路にお越しいただいた蟹瀬さん。朝早くにもかかわらず、そのお姿はテレビで拝見する蟹瀬さんそのもの.。また、さすがニュースキャスターという語り口で、会場内は笑いがいっぱいでした。
さて、講演内容はというと、蟹瀬さんご夫妻が実践した「共育て」をキーワードに、子育てのことや働き方のことなどについて、たっぷりと語っていただきました。「共育て」とは「共に子どもを育てていくこと」。具体的には「家庭51%、仕事49%」と決めて、2人で一緒に子育てを楽しんだとか。また、子育てが終わった後の「生きがい」や「健康」などについても言及していただきました。
最後の質疑応答の時間には、「なるほど!」と思わせる回答をいただくなど、あっという間に過ぎた2時間でした。
11月18日(日)
あいめっせフェスティバルセミナー
タイトル 「カラーカウンセリング」
〜カラーで自分らしく、楽しい毎日を過ごしましょう〜
講師 カラーカウンセラー ただみよこさん
内容 「カラーカウンセリング」をテーマに、カラー(色)を使って、自分の気持ちを知り、これからの自分の生き方に活用していくため方法などを、色鉛筆を使ったワークなどによって学びました。


戻る