検索方法
ホーム > 基本情報系フォルダ(info) > よくあるご質問とその答え(FAQ) > FAQ詳細表示
 
よくある質問と答え
キーワードで検索する
※複数のキーワード入力は、and検索となります。

私は会社に勤めており、住民税は毎月給料から差し引かれていました。8月末に会社を退職し現在は無職ですが、先日、住民税の納税通知書が送られてきました。退職後も住民税がかかるのはなぜですか。

2017年2月21日
給与所得にかかる住民税は、年12回に分けて6月から翌年の5月まで毎月給与から差し引き(特別徴収)、勤め先(特別徴収義務者)がとりまとめて納めることになっています。一方、退職などにより給与から差し引けなかった分は、個人で納めていただくことになります。

あなたの場合は、8月末に退職され、それ以降の分を給与から差し引くことができないため、その分を納税通知書により納めていただくことになります。
また、住民税は前年中の所得に課税されるため、今年1月から退職までの所得に対する住民税は、来年6月から課税されることになります。

なお、通常、退職所得にかかる住民税は、退職金等の支払いを受けるときに、特別徴収されます。

姫路市では、納税義務者の前年中の合計所得金額が600万円以下であり、かつ失業または廃業してから3ヶ月以上経過して現在も引き続き無職で納付困難な場合、減免制度があります。詳しくは市民税課へお問い合わせください。

関連するFAQ

詳しい情報・関連ページ

詳しい情報・関連ページはありません。

このFAQの作成部署

部署名 財政局 市民税課 担当名 個人市民税担当 電話番号 079-221-2261,079-221-2262,079-221-2263,079-221-2264

アンケート

皆さんに使いやすいFAQにするために、アンケートにご協力ください。
このFAQの内容は、役に立ちましたか?
このFAQについてのご意見・ご要望があればご記入ください。
(回答が必要な場合はこの欄はお使いいただけません。お問い合わせフォームをご利用ください)
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地