税金(ぜいきん)

学校の机(つくえ)に落書きをしたり、図書館で借りた本を乱暴(らんぼう)に扱ったりしていませんか。学校の机(つくえ)や図書館の本が、当たり前のようにあるのは税金(ぜいきん)のおかげ。わたしたちが生活する上でなくてはならない消防(しょうぼう)や道路、下水道、ごみの収集(しゅうしゅう)なども同じです。わたしたちの生活は、税金(ぜいきん)によってずいぶんとささえられています。

姫路市にはどれくらいの税金(ぜいきん)が集まっているの?

姫路市に1年間に入ってくる税金(ぜいきん)は、平成25年度で約921億円を見込んでいます。これは、市民一人が、171,725円を負担(ふたん)していることになります。 

実は、市に入ってくる税金(ぜいきん)だけでは足りないから、国や県から支出(ししゅつ)されるお金や銀行などから借りたお金も姫路市がさまざまな活動をするお金として使われています。 

姫路市の税金(ぜいきん)にはどんな種類があるの?

姫路市税(ひめじしぜい)には下の表ような種類の税金(ぜいきん)があります。なかでも、市民税(しみんぜい)と固定資産税(こていしさんぜい)の収入が多いです。

主な市税(しぜい) 

税(ぜい)の名前 税をおさめる人
個人市民税(こじんしみんぜい) 1月1日に市内に住んでいる人で、前の年に決められた金額(きんがく)より多く収入がある人
法人市民税(ほうじんしみんぜい)  市内に事務所か事業所がある法人(会社) 
固定資産税(こていしさんぜい) 1月1日に市内に土地、家屋、工場の機械などの償却資産(しょうきゃくしさん)を持っている人
都市計画税(としけいかくぜい)  市街化区域(しがいかくいき)内の土地・家屋を持っている人 
軽自動車税(けいじどうしゃぜい) 4月1日に、原動機付自転車(バイク)や軽自動車を持っている人
市たばこ税(ぜい) たばこを作っている業者、売っている業者、卸(おろし)で売っている業者
姫路市役所

〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地
電話 079-221-2111(庁内番号案内) よくあるお問い合わせ窓口一覧
本庁開庁時間:月曜日〜金曜日の午前8時35分〜午後5時20分まで(土曜・日曜日、祝日、12月29日〜1月3日は閉庁)

Copyright(c) 1997-2013 Himeji City. All rights Reserved.