火事・地震(じしん)・病気

火事や地震(じしん)、こわいですね。また、急に体調が悪くなって動けなくなったり、事故(じこ)にあった時は、すぐに病院にいかなければなりません。みんなの命を守ることも、市役所の大切な仕事です。 

地震(じしん)や水害に備える「防災(ぼうさい)」の仕事

防災訓練の様子

訓練(くんれん)の様子 

日本は地震(じしん)が多い国です。姫路市でも山崎断層帯地震(やまさきだんそうたいじしん)や南海(なんかい)トラフ地震(じしん)で大きな被害(ひがい)が出ることが心配されています。

危機管理室(ききかんりしつ)では、大地震(おおじしん)が発生したときに、被害(ひがい)をできるだけ少なくするための仕事をしています。

また、最近では集中豪雨(しゅうちゅうごうう)による水害が全国で起こっています。このような水害にそなえるのも危機管理室(ききかんりしつ)の大切な仕事です。 

私たちの命を守る119番

救急車が出動する様子

命を守るため一刻(いっこく)を争います 

火事が発生したときや病気や事故(じこ)ですぐに病院へ行かなければいけないときは、電話で「119番」に通報(つうほう)します。大切な家や命を守る消防(しょうぼう)や救急の仕事も市役所が行っているのです。

また、日ごろから火災(かさい)を予防(しょうぼう)するための仕事にも取り組んでいます。 

休日・夜間急病センター

薬の受け取りカウンター年末年始や一般(いっぱん)の病院が休みのときに、風邪(かぜ)をこじらせたりするととても不安になります。そんなときにお医者さんの診察(しんさつ)を受けられるのが急病センターです。市民の生命や健康を守るため、迅速(じんそく)で適切(てきせつ)な医療(いりょう)が充実(じゅうじつ)しています。

休日・夜間急病センターは昭和54年に西今宿三丁目にできました。それ以来救急患者(かんじゃ)の数は年々ふえ続けています。

健康管理は自分自身で 

休日・夜間急病センターは、午後9時から翌朝(よくあさ)7時までと、日曜・祝日の昼間も受診(じゅしん)することができますが、中には何日か前から具合が悪かったのに、病院に行かず悪化して、休日・夜間急病センターを受診(じゅしん)する人がたくさんいます。

体の調子がおかしいと感じたら、早めにかかりつけのお医者さんや近くの病院でみてもらいましょう。 

姫路市役所

〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地
電話 079-221-2111(庁内番号案内) よくあるお問い合わせ窓口一覧
本庁開庁時間:月曜日〜金曜日の午前8時35分〜午後5時20分まで(土曜・日曜日、祝日、12月29日〜1月3日は閉庁)

Copyright(c) 1997-2013 Himeji City. All rights Reserved.