福祉(ふくし)

福祉(ふくし)は、市民一人ひとりが安心して生き生きとくらすために欠かせない大切なもので、市役所の大事な仕事の一つです。

福祉相談(ふくしそうだん)コーナー

福祉(ふくし)は、高齢者(こうれいしゃ)や障害者(しょうがいしゃ)、子どもなど、すべての人が安心して生活していくために欠かせないものです。だから、すべての人に対応(たいおう)しなければならない福祉(ふくし)の仕事はとてもふくざつでわかりにくいもので、「福祉について相談したいけど、どこに相談していいのか分からない」と思う人も多いです。そんなときに役に立つのが、市役所1階にある「福祉相談(ふくしそうだん)コーナー」です。 

 

福祉相談コーナー

福祉相談コーナー 

福祉相談コーナー

「福祉相談コーナー」では、福祉に関してどこへ相談に行けばよいか迷っている人を、担当(たんとう)する係などに案内したり、アドバイスします。

みんなが暮らしやすいまちをつくる

ユニバーサルデザイン 

 多目的トイレ

市役所の多目的トイレ 

年齢や障がいの有無などにかかわらず、最初からできるだけ多くの人が利用可能であるようにデザインすることをユニバーサルデザインといいます。ユニバーサルデザインの考え方も福祉のひとつです。写真のような内部が広くて、みんなが使える「多目的トイレ」もユニバーサルデザインの考え方にもとづくものです。

まちの中の福祉をさがそう 

音で知らせる信号や階段の横のスロープ、店の入り口の近くにある車いすの人でも乗り降りしやすい駐車スペースなど、まちの中には「福祉」がいっぱいあります。 

みんなもまちの中の「福祉」をさがしてみてね。 

視覚障害者誘導用ブロック

視覚障害者誘導用ブロック 

障害者用駐車スペース

障害者用の駐車スペース 

介助犬同伴可マーク

介助犬同伴可マーク 

姫路市役所

〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地
電話 079-221-2111(庁内番号案内) よくあるお問い合わせ窓口一覧
本庁開庁時間:月曜日〜金曜日の午前8時35分〜午後5時20分まで(土曜・日曜日、祝日、12月29日〜1月3日は閉庁)

Copyright(c) 1997-2013 Himeji City. All rights Reserved.