検索方法
  • 防災
  • 消防・救急
  • 安全安心・消費生活
  • 戸籍・住民票・証明
  • 国民健康保険・後期高齢者医療保険・国民年金
  • 税金
  • 各種相談・人権
  • 市民活動・交流・男女共同参画
  • ごみ・リサイクル・美化
  • 花と緑・植物
  • 住まい・土地
  • 水道・下水道
  • 環境保全・自然環境
  • 子育て・保育
  • 教育・学校
  • 生涯学習・図書館
  • 姫路わくわくチャイルド
  • 国民健康保険・国民年金など
  • 健康・衛生
  • 福祉・介護
  • 福祉医療費・こども医療費助成制度
  • 休日・夜間の窓口案内
  • 観光・レジャー・スポーツ
  • 市内おでかけ施設情報
  • 文化・芸術
  • 文化財・歴史
  • 世界遺産姫路城マラソン
  • 姫路市Webマップで施設を探す
  • 姫路観光ナビひめのみち
  • 姫路市総合計画「ふるさと・ひめじプラン2020」
  • 地方創生
  • 連携中枢都市圏構想
  • 道路・河川・港湾・交通・公園
  • 開発・建築
  • 都市計画・まちづくり
  • 市政一般・広報・情報公開
  • 政策・財政・行政改革
  • 情報政策・IT
  • 監査・検査
  • 選挙・議会
  • 主な公共施設一覧
ホーム > 基本情報系フォルダ(info) > 姫路市の概要 > 地方分権時代の旗手・中核市

地方分権時代の旗手・中核市

姫路市は(平成8年4月)、全国で初めて中核市に移行しました。

県の事務権限が市に大幅に移譲。多様で幅広い行政が実現します。

市民サービスの充実、地域特性を生かした個性豊かなまちづくり さらに魅力ある「ひめじ」をめざして羽ばたきます。

中核市とは

中核市とは、地方自治法の改正によって新しく創設された都市制度で、政令指定都市に準じる権限を持つ都市のことです。政令指定都市以外の都市で規模能力が比較的大きく、その地域で中核的な機能を果たしている都市を対象に、政令指定都市に準じる事務権限を移譲するもので、地方分権のモデルとしても大きな期待が寄せられています。

姫路市や堺市、岡山市など当初12市でスタートした中核市制度も、平成20年4月現在では、全国で39市が指定されています。

その要件は、人口30万人以上の都市とされており、この要件を満たし、中核市への移行を検討している市もあります。

中核市に移行したことで、政令指定都市が処理することのできる事務のうち、国道・県道の管理などを除いた事務が県から移譲され、市で処理できるようになりました。例えば、以前は申請から交付まで約2か月かかった身体障害者手帳の交付期間が大幅に短縮されたり、養護老人ホームや保育所などの社会福祉施設の設置も市で認可できるようになりました。また、屋外広告物についても市独自に条例を定め、市の個性を生かした景観形成が行えるなど、きめ細かい市民サービスが可能になりました。

姫路市は、県から移譲されたこのような権限を最大限に活用して市民サービスを充実し、歴史と伝統、文化によってはぐくまれた姫路の地域特性を生かした個性的で魅力あふれる都市づくりを推進。移行を契機に、21世紀に向けて活力に満ちた風格ある都市への飛躍を目指しています。

関連情報

中核市の概要(中核市市長会ホームページ)
このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2073   ファクス番号:079-221-2076

姫路市公式アプリひめじプラス

姫路市公式フェイスブックページ

姫路市公式インスタグラム

姫路動画チャンネル

Copyright(C) 2018 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地