検索方法
ホーム > 広報系フォルダ(koho) > 姫路市 フォトニュース > 姫路市フォトニュース(2018年4月)
 

姫路市フォトニュース(2018年4月)

姫路市内の出来事を写真で紹介しています。

一覧

 

ごみを拾う様子 

 

みどりの美化キャンペーン

 4月29日に、姫路城周辺や大手前通り等を清掃し、まち美化運動を広く呼びかける「みどりの美化キャンペーン」が開かれました。

姫路市では、世界文化遺産姫路城にふさわしい美しいまちを目指すため、平成3年から毎年美化キャンペーンを開催しており、今年で28回目を迎えました。

家老屋敷跡公園に、姫路のまちを美しくする運動協議会や市民ボランティアなどおよそ1,000人が集まりました。

セレモニーのあと、清掃が開始され、参加者は、5班にわかれて大手前通りから御幸通り、国道2号から好古園などそれぞれのルートに分かれ、火バサミとゴミ袋を持って、ゴミを拾い集めました。

清掃活動に参加されたみなさんは、一人ひとりの意識を高め、さらに美しいまちづくりに力を尽くしたいと話されていました。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから 

 

2018年4月29日

 

 


 

 

 

一部の展示物 

 

姫路市書写の里・美術工芸館 春季特別展示「書寫山圓教寺―歴史を語る美術と工芸」

 姫路市書写にある「姫路市書写の里・美術工芸館」では、春季特別展示「書寫山圓教寺―歴史を語る美術と工芸」が開催されています。

今回の展示では、圓教寺に残る江戸時代の絵画や飯碗、鎌倉時代の狛犬や五輪塔など歴史やかつての巡礼の賑わいを感じさせる作品約80点を紹介しています。

姫路市書写の里・美術工芸館で開催中の春季特別展示「書寫山圓教寺―歴史を語る美術と工芸」は6月3日までです。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから

 

2018年4月26日

 

 


 

 

 

こいのぼりを見つめる子どもたちの様子 

 

姫路市立動物園 「飼育の日」イベント

 動物園や水族館に対する国民の一層の理解を得るために、日本動物園水族館協会が2009年に4月19日を「飼育の日」に定めました。

姫路市立動物園でも地元の園児たちを招いて、飼育の日のイベントを開催しています。

園内の掲揚台の前では、地元の保育園児たちが参加してこいのぼりの掲揚会を行いました。

続いて、ふれあい広場でヒツジの毛刈り。

体温調整が難しいヒツジは暑さに弱いため、毎年この時期に毛を刈って衣替えをします。

園児たちは毛が刈られて、みるみる細い姿になっていくヒツジに興味深々。

刈った毛を記念にプレゼントされた園児たちはとても喜んでいました。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから

 

2018年4月19日

 

 


 

 

 

お茶をたてる様子 

 

好古園 春の大茶の湯

 4月15日 春の大茶の湯を開催しました。

好古園では、平成4年の開園以来、毎年春と秋の2回お茶会を開催しています。

日頃から園内の双樹庵でお茶を振る舞っている双樹庵呈茶会所属の4つの流派が順にお点前を披露されており、今年は御所流のみなさんが担当されました。

茶室 双樹庵は、裏千家家元 千宗室の設計監修によって江戸時代の武家屋敷の茶室を想定した建物です。

ここでは播磨釜が展示されたほか、茶室「小間三畳台目」も内露地から特別公開されました。

匠の粋を感じさせる風格ある茶室をにじり口から見学できる貴重な機会となりました。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから

 

2018年4月15日

 

 


 

 

 

校門に掲げられた看板 

 

白鷺小中学校 開校式

 4月9日、姫路市で初の9年制義務教育学校、「白鷺小中学校」の開校式が行われました。

姫路市では2009年に城南・城巽小学校を統合した白鷺小学校を白鷺中学校隣接地に開校。

以降、小中一貫教育の推進モデル校とし、校歌や・制服などを統一し取り組みを進めてきました。

そして、今年度から、校長を1人にし、前期過程の小学部と後期過程の中学部からなる義務教育学校・白鷺小中学校となり、9年間を一貫したカリキュラム編成等に取り組みます。

山口校長の挨拶のあと、児童・生徒を代表し、9年生の竹内篤樹生徒会長が「姫路城に見守られ、夢を持ち、未来に向かって輝き続けられるよう力を合わせ勉学に励んでいきます」と力強く、誓いの言葉を述べました。

最後は、全児童生徒による校歌斉唱で姫路市初の義務教育学校・白鷺小中学校開校式を締めくくりました。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから

 

2018年4月9日

 

 


 

 

 

空と姫路城と観桜会ののぼり 

ぐるめらんどに訪れた人々 

 

第33回姫路城観桜会・第32回ひめじぐるめらんど

 観桜会は33回目、ぐるめらんどは32回目の開催となり、今年も大勢の人出でにぎわいました。

日本さくら名所100選に選ばれている姫路城。今年の桜は3月30日に満開となりました。

その1週間後の4月7日、恒例の姫路城観桜会の開催となりました。

オープニングセレモニーで、姫路城イベント実行委員会の岡田兼明会長と石見市長の挨拶に続いて、来賓の皆様による鏡開きで観桜会がスタートしました。

ステージでは、姫路市制100周年を記念して制作されたふるさと讃歌「交響詩ひめじ」の第28回合唱コンクールで、最優秀賞と優秀賞を受賞した団体が合同で合唱が披露され、お花見の雰囲気を盛り上げました。

時折雨の降るお天気でしたが、およそ50,000人で賑わいました。

また4月6日~8日の三日間、大手前公園でひめじぐるめらんどを開催しました。

このイベントは、播磨食品異業種協議会、播磨うまいもん会、公益財団法人姫路・西はりま地場産業センター、姫路料飲組合連合会、姫路市で構成する実行委員会により、食文化の向上と異業種交流の促進を図る事を目的に毎年開催され、今回で32回目を迎えました。

訪れた人は味見をしながらお気に入りの商品を見つけ、姫路の食を楽しみました。

今年のひめじぐるめらんどは3日間でおよそ129,000人の人出でにぎわいました。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから

 

2018年4月7日

 

 


 

 

 

姫路城と夜桜 

 

 

姫路城・夜桜会

 4月3日から8日まで「姫路城・夜桜会」が開催され、期間中、多くの方が夜の姫路城を訪れ、夜桜を楽しまれました。

毎年、桜が満開を迎える頃、姫路城では「姫路城夜桜会」を開催しており、多くの方が夜の姫路城に訪れます。

この「姫路城夜桜会」は姫路城内の「西の丸庭園」を夜間に無料開放し、姫路城西の丸庭園の約70本の桜をライトアップしています。

訪れた方は、真っ白にそびえる姫路城・大天守をバックに様々な表情を見せる、桜の華麗で優美な世界を楽しまれていました。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから

 

2018年4月3日

 

 


 

 

 

壇上の様子 

 

平成30年姫路市制記念式

 4月2日、姫路市文化センターで平成30年姫路市制記念式を開催しました。

姫路市は、明治22年4月1日の市制施行を記念し、市政の発展に寄与された方々を顕彰するため、またふるさと姫路を見つめ直し先人の偉大な業績や歴史の重みを再認識し、姫路の将来を展望するために、市制記念式を毎年開催しています。

挨拶に立った石見姫路市長は、「姫路市の未来を支える総合力をさらに高め、市民のみなさんがこれまで以上に夢や希望を持てるまちの実現に向けて、全力で市政運営に取り組んでいきます」と述べました。

続く表彰では、まず市民表彰は、自治会長として自治振興に貢献された方々や民生委員・児童委員として社会福祉の増進に貢献された方、また地域の医療活動や商工業の振興に貢献された方々などに贈られました。

引き続き、記念講演会が行われました。

講師は大阪城天守閣館長 北川央(きたがわ ひろし)さん。

千姫がどのような人生を送ったのかについてお話しいただきました。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから

 

2018年4月2日

 

 


 

 

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2073   ファクス番号:079-221-2076

姫路市公式アプリひめじプラス

姫路市公式フェイスブックページ

姫路市公式インスタグラム

姫路動画チャンネル

Copyright(C) 2018 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地