検索方法
  • 防災
  • 消防・救急
  • 安全安心・消費生活
  • 戸籍・住民票・証明
  • 国民健康保険・後期高齢者医療保険・国民年金
  • 税金
  • 各種相談・人権
  • 市民活動・交流・男女共同参画
  • ごみ・リサイクル・美化
  • 花と緑・植物
  • 住まい・土地
  • 水道・下水道
  • 環境保全・自然環境
  • 子育て・保育
  • 教育・学校
  • 生涯学習・図書館
  • 姫路わくわくチャイルド
  • 国民健康保険・国民年金など
  • 健康・衛生
  • 福祉・介護
  • 福祉医療費・こども医療費助成制度
  • 休日・夜間の窓口案内
  • 観光・レジャー・スポーツ
  • 市内おでかけ施設情報
  • 文化・芸術
  • 文化財・歴史
  • 世界遺産姫路城マラソン
  • 姫路市Webマップで施設を探す
  • 姫路観光ナビひめのみち
  • 姫路市総合計画「ふるさと・ひめじプラン2020」
  • 地方創生
  • 連携中枢都市圏構想
  • 道路・河川・港湾・交通・公園
  • 開発・建築
  • 都市計画・まちづくり
  • 市政一般・広報・情報公開
  • 政策・財政・行政改革
  • 情報政策・IT
  • 監査・検査
  • 選挙・議会
  • 主な公共施設一覧
ホーム > 広報系フォルダ(koho) > 姫路市 フォトニュース > 姫路市フォトニュース(2019年1月)

姫路市フォトニュース(2019年1月)

姫路市内の出来事を写真で紹介しています。

一覧

ニッポン全国鍋グランプリ2019

2019年1月26日

挨拶する石見利勝姫路市長

1月26日・27日の2日間、大手前公園で「ニッポン全国鍋グランプリ2019」が開催されました。

全国の鍋自慢が姫路に集結したご当地鍋日本一決定戦!

今回は西日本地域で初の開催となり、全国28都道府県から60チームが参加しました。

ニッポン全国鍋グランプリは、日本全国の鍋自慢が集結する日本最大級の鍋料理コンテストで、優れた鍋文化を発掘・表彰し「和食」として世界に発信することを目的に開催されています。

北は北海道から南は熊本まで、地元の魚介や肉、野菜などを使った鍋料理が出場。

鍋を食べた方の投票による得票数で日本一を競いました。

姫路からは生姜じょうゆで食べる姫路おでん鍋、姫路産のブランド豚桃色吐息や調味料も地元にこだわった夢もち鍋、網干の牡蠣の天ぷらとうどんが入った網干カキ天鍋、坊勢の白鷺鱧の酒麹鍋などが参加、姫路の豊かな食材や食文化を発信しました。

全国各地の鍋料理を一度に味わえるとあって、2日間でおよそ10万3千人が訪れました。

初日は雪が舞う天候でしたが、訪れた人は心も体も温まる鍋料理を堪能しました。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから(外部リンク) 


 

姫路市青少年健全育成市民大会・少年の主張弁論大会姫路市中央大会

2019年1月26日

少年の主張弁論大会姫路市中央大会の壇上の様子

1月26日姫路市市民会館で「姫路市青少年健全育成市民大会」と「少年の主張弁論大会姫路市中央大会」を開催しました。

青少年健全育成市民大会は、姫路の未来を担う、こころ豊かでたくましい活力ある青少年を育成するため、家庭・学校と連携した地域ぐるみでの青少年の健全育成と非行化防止の意識の高揚を図り、市民が一体となった取り組みをより一層活性化することを目的として開催しています。

少年の主張弁論大会姫路市中央大会は、中学生が自らの考えを主張し、これから生きていこうとする自分自身の心構えをより確かなものとすること、また同世代の主張を聴くことにより仲間とともに次の時代を築いていこうとする気持ちを育てることを目的に開催しています。

32回目を迎えた今大会では、ブロック大会で選出された代表14人が弁論を披露しました。

壇上に立った生徒たちは、学校生活や日常の中で感じている家族への思い、他人への思いやり、また様々な経験から見つめる自分の生き方などをテーマに熱弁をふるい、中学生の素直な気持ちを表現しました。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから(外部リンク)


 

平成31年 姫路市成人式

2019年1月14日

成人式の会場の様子

平成31年姫路市成人式が1月14日に行われ、会場の姫路市文化センターには新成人たちの晴れやかな表情が見られました。

今年の成人式の対象者は平成10年4月2日から平成11年4月1日生まれの姫路市に住所がある人で、男性3,012人、女性2,969人、合計5,981人が成人の仲間入りをしました。

式典は姫路市児童合唱団による合唱で幕を開けました。

挨拶に立った石見利勝姫路市長は「成人すればいろいろな権利が与えられるが、同時に義務や責任も伴う。覚悟を持ち、新たな一歩を踏み出してほしい」とお祝いの言葉を述べました。

新成人代表6名による特別企画では、市内の中学校を巡って撮影した動画を放映。

懐かしい学び舎や恩師のメッセージが会場に映し出されると新成人から驚きや笑い声が起こり、式典を盛り上げました。

エンディングでは姫路市立飾磨中部中学校と姫路市立飾磨東中学校吹奏楽部による演奏が披露され、明るい未来へ進みだす新成人へのエールを贈るように会場に響きました。 

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから(外部リンク) 


 

第4回 藤原正彦エッセイコンクール

2019年1月12日

コンクールの受賞者達

姫路市山野井町にある姫路文学館では館長の名前を冠した「藤原正彦エッセイコンクール」の表彰式が1月12日に開かれました。

このコンクールは、藤原館長が「読書」とともに推奨している「書くこと」の大切さを伝えるために平成27年に創設したものです。

コンクールは中学生部門・高校生部門・一般部門の3部門を設定。

今回は全国から過去最多の2,080点の作品が寄せられました。

その中から藤原館長の審査により、各部門につき、最優秀賞、優秀賞、佳作、各1作品が選考されました。

受賞者には藤原館長から表彰状と副賞、記念品のサイン入り著書が贈呈されました。

表彰式の後、各部門の最優秀作品が、音訳ボランティアグループサークルさえずりの松下由美さんの朗読によって、発表されました。

その後、藤原館長の講評と講演が行われました。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから(外部リンク) 


 

平成31年 姫路市消防出初式

2019年1月6日

一斉放水の様子

防火・防災を誓う新春恒例の「姫路市消防出初式」を1月6日、シロトピア記念公園で開催しました。

石見利勝姫路市長が挨拶にたち、「昨年は豪雨・地震・台風など全国各地で災害が相次ぎ、改めて自然の驚異を感じた年でした。

今後とも市民と消防関係の皆様のご協力を得ながら、地域における防災力の一層の強化に取り組んでまいります。」と述べました。

続いて地域の防火・防災に貢献された方々の表彰として、市長表彰・消防局長表彰・消防団長表彰・防火協会連合会長表彰が行われました。

演技の部では、幼保連携型認定こども園萩学園の幼年消防クラブのこどもたちが元気いっぱいのマーチングを披露しました。

演奏後には、声をそろえて防火の誓いを会場に響かせました。

網干消防団によるはしご乗りでは、高さおよそ5メートルのはしごの上で、「火消しの心意気」をあらわした7種類の演技を力強く披露しました。

消防音楽隊とリトルフェローズバトンチームによるドリル演奏の披露、消防局救助隊と兵庫県消防防災航空隊によるレスキュー隊演技を行い、本番さながらの救出・救助演技で日ごろの訓練の成果を見せました。

新春を飾る迫力ある一斉放水、最後に消防団車両69台のパレードで平成31年姫路市消防出初式を締めくくりました。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから(外部リンク) 


 

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2073   ファクス番号:079-221-2076

姫路市公式アプリひめじプラス

姫路市公式フェイスブックページ

姫路市公式インスタグラム

姫路動画チャンネル

Copyright(C) 2019 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地