検索方法
  • 防災
  • 消防・救急
  • 安全安心・消費生活
  • 戸籍・住民票・証明
  • 国民健康保険・後期高齢者医療保険・国民年金
  • 税金
  • 各種相談・人権
  • 市民活動・交流・男女共同参画
  • ごみ・リサイクル・美化
  • 花と緑・植物
  • 住まい・土地
  • 水道・下水道
  • 環境保全・自然環境
  • 子育て・保育
  • 教育・学校
  • 生涯学習・図書館
  • 姫路わくわくチャイルド
  • 国民健康保険・国民年金など
  • 健康・衛生
  • 福祉・介護
  • 福祉医療費・こども医療費助成制度
  • 休日・夜間の窓口案内
  • 観光・レジャー・スポーツ
  • 市内おでかけ施設情報
  • 文化・芸術
  • 文化財・歴史
  • 世界遺産姫路城マラソン
  • 姫路市Webマップで施設を探す
  • 姫路観光ナビひめのみち
  • 姫路市総合計画「ふるさと・ひめじプラン2020」
  • 地方創生
  • 連携中枢都市圏構想
  • 道路・河川・港湾・交通・公園
  • 開発・建築
  • 都市計画・まちづくり
  • 市政一般・広報・情報公開
  • 政策・財政・行政改革
  • 情報政策・IT
  • 監査・検査
  • 選挙・議会
  • 主な公共施設一覧
ホーム > 広報系フォルダ(koho) > 姫路市 フォトニュース > 姫路市フォトニュース(2019年2月)

姫路市フォトニュース(2019年2月)

姫路市内の出来事を写真で紹介しています。

一覧

世界遺産姫路城マラソン2019

2019年2月24日

スタートした様子

今年で5回目を迎える「世界遺産姫路城マラソン2019」が青空のもと、2月24日に開催されました。

今回は姫路城世界遺産登録25周年を記念した大会として行われ、フルマラソン、ファンラン、合わせて約12,000人が姫路城下を駆け抜けました。

午前8時45分、スタート地点にランナーが集まると、スタートセレモニーが開かれました。応援軍師を務めるタレント・間寛平さんは威勢のいい掛け声でランナーを激励。

また今年はスペシャルゲストとして、2000年シドニーオリンピック女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんを向かえ、例年にもまして、華々しいオープニングセレモニーとなりました。

午前9時、スターターを務める石見利勝姫路市長の号砲が響くと、およそ7,300人のランナーが一斉に、姫路城を背に大手前通りを勢いよくスタートしました。

各所で地元自治会やボランティアが給水や交通整理などで大会を支え、沿道では多くの市民がランナーに声援をおくりました。

優勝は山陽特殊製鋼の篠藤淳選手が2時間21分22秒のタイムでフィニッシュしました。

女子は横田歩選手が2時間48分39秒で優勝。

出場した選手は制限時間6時間内でペース配分など、コンディションをしっかりと整えながらのゴールとなったようです。

今回のマラソンの完走率は95.6パーセントでした。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから(外部リンク) 


 

大学発まちづくり研究助成事業「成果発表会」

2019年2月19日

発表会の壇上の様子

姫路市の政策や課題について研究に取り組む大学の研究グループを支援する「姫路市大学発まちづくり研究助成事業」の成果発表会を2月19日、イーグレひめじあいめっせホールで開催しました。

今年度は、17件の応募の中から兵庫県立大学3件・姫路獨協大学2件・姫路大学1件・日ノ本短期大学1件・立命館大学1件の5つの大学8グループの研究に対して助成することを決定しました。

環境や保育・観光など姫路市の政策や課題について提案などを行う研究や、姫路市内を研究フィールドとした、まちづくりに関する政策や課題についての研究では、スマートフォンによる姫路市街の位置情報提供サービスの開発や、ドローンと全天球カメラを用いた地域観光PRの比較検証などの研究成果が発表されました。

また播磨の地酒の知名度アップの試みをテーマにした研究や救急搬送時の体の揺れを軽減するためのマットレス材質について研究した自由テーマの発表も行われました。

石見利勝姫路市長は、「今回の研究の成果を市の施策に活用していくとともに、今後も大学と行政とのパイプを大事にし、よりよいまちづくりを進めていきたい。」と述べました。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから(外部リンク) 


 

姫路市消防防災運動会 まもりんピック姫路

2019年2月16日

バケツリレーの様子

姫路市消防防災運動会まもりんピック姫路を2月16日、ウインク体育館で開催しました。

まもりんピック姫路は、南海トラフ巨大地震をはじめ大規模な災害に備え、市民と消防が一体となり、楽しみながら「防災の知識・技術」と「共助の力」を育成し、地域防災力の強化と防災意識の普及・啓発を推進することを目的に実施しており、2年に一度開催しています。

姫路市内にある20の幼年消防クラブの園児およそ400人が参加。

「みんなで火を消せ バケツリレー」「ちびっこ救急隊 急げ! けが人搬送リレー」「火事だ 出動! 消火隊リレー」「ちびっこ消火隊 水玉入れゲーム」の4つの競技を実施しました。

どの競技も子どもたちは一生懸命に取り組み、応援にも力が入りました。

アトラクションとして、防火防災○✕クイズ では住宅用火災警報器の設置義務や台風や火災などの災害に関する問題を出題し、会場みんなで考えました。

防火服を着て消防車と記念撮影もでき、楽しみながら防災について考える大会となりました。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから(外部リンク) 


 

市民活動フォーラム2019

2019年2月16日

壇上の様子

住みよいまち、笑顔あふれるまちを目指してこれからのまちづくりを市民で考える「市民活動フォーラム」が2月16日、姫路市市民会館で開催されました。

「市民活動フォーラム2019」は人口減少、少子高齢化がさらに加速進行していく中で、市民が主役の持続可能な市民活動・地域活動のため、行政と協働・連携し、地域住民も自ら考え、地域課題解決に取り組む意識を高めることを目的に行われたものです。

フォーラムではまず、石見利勝姫路市長が挨拶に立ち「様々な世代・団体で情報交換をしながら市民全体でもっと元気なまちにしていきたい」と話しました。

その後、「地域の魅力」と題し、兵庫県立大学特任教授、播磨学研究所所長の中元孝迪氏による講演が行われました。

続いて、パネルディスカッションが行われました。

石見姫路市長をはじめ、様々な市民団体の代表者らが集まり、地域の魅力を活かした、これからのまちづくりを一緒に考え、話し合いました。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから(外部リンク) 


 

平成30年度姫路市農業振興大会

2019年2月15日

壇上の様子

2月15日、イーグレひめじ・あいめっせホールで「姫路市農業振興大会」が開催されました。

この大会は、姫路市の農区総代や農業委員などの農業関係者に本市農政への理解を深め農業振興の意欲を高めていただくことを目的に昭和58年から毎年開催されています。

大会にあたり石見利勝姫路市長は、「日本の農産品の評価が高まっている。皆さんと力を合わせて、安全で美味しい食料を供給し、また世界を相手に勝負できる時代を視野に入れながら頑張っていきましょう」と挨拶しました。

続いて、長年各地の農区総代として活躍された方々の功労者表彰が行われました。

第二部では、農業施策説明会が行われ、兵庫県と姫路市、それぞれの農業施策について説明がありました。

第三部では、「ため池の点検、管理について」をテーマに兵庫県土地改良事業団体連合会 事務局長兼事業部長、栗林茂樹氏による講演が行われました。

その後、兵庫県中播磨県民センター姫路土木事務所・所長補佐、當舎良章氏より「ため池治水活用拡大促進事業について」と題して事業の紹介がありました。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから(外部リンク) 


 

人権リーダー育成講座を開催

2019年2月13日

講座の様子

企業の人権担当者などを対象に人権リーダー育成講座を2月13日にイーグレひめじで開催しました。

今回は「知的・発達障害擬似体験」と題して、市民啓発団体「ぴーす&ピース」による講演と体験を実施。

障害をお持ちの方の感じ方や物の見え方などを体験し、コミュニケーションを工夫することについて学びました。

 


 

平成30年姫路市スポーツ賞表彰式

2019年2月8日

受賞者と市長

平成30年姫路市スポーツ賞表彰式を、2月8日姫路市役所10階大会議室で開催しました。

姫路市スポーツ賞は、姫路市のアマチュアスポーツ界のスポーツ振興を図るため、国際大会や全国大会等各種スポーツ大会で優秀な成績を収めた団体や個人に贈られる賞で、このたび平成30年中に優秀な成績を収めた方々への表彰式を行いました。

今回大賞は、パワーリフティング競技で世界選手権大会2位の今回大賞は、西川亜紀子さんと空手道競技で世界選手権アジア大会2位の梶原龍斗さんの2人が受賞、金賞は、3団体9人と個人12人が受賞しました。

また銀賞・銅賞・奨励賞は、柔道・陸上・バドミントン・ソフトテニスなどの競技で活躍した15団体158人と個人64人が受賞しました。

最後に、受賞者を代表して、大賞を受賞した梶原龍斗さんがお礼の言葉を述べました。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから(外部リンク) 


 

姫路とれとれ市 網干かき祭り

2019年2月3日

牡蠣料理の屋台に並ぶ人々

網干で獲れたカキをPRするイベント「姫路とれとれ市 網干かき祭り」が2月3日、エコパークあぼしで開催されました。

エコパークあぼしでは毎年、この時期に「網干かき祭り」が開催され、今年も多くの方が会場に訪れました。

殻付きやむき身の生ガキが販売されたほか様々なカキ料理を味わう事ができました。

今年で7回目を迎える「姫路とれとれ市 網干かき祭り」は地元の自治会、漁業協同組合でつくる実行委員会が主催し、網干沖で水揚げされた新鮮なカキの直売や創作料理を販売することで、地元網干産のカキの入手方法や美味しさのPRを行っています。

加熱しても縮みにくく、どんな料理にも合うのが特徴の網干産のカキ。

焼きガキやカキフライ、アヒージョ、どんぶりなど様々なカキ料理が販売されました。

この日は「網干ふれあいフェスティバル」も同時に行われ、会場のエコパークあぼしは終日、多くの方で賑わいました。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから(外部リンク) 


 

ひめじ創生フォーラム

2019年2月3日

創生フォーラムの壇上と会場の様子

姫路市の魅力を再発見し、将来像について考える「ひめじ創生フォーラム」が2月3日、アースシネマズ姫路で開催されました。

「ひめじ創生フォーラム」は姫路市が魅力的な都市であることを再確認し、さらなる魅力向上や公共分野への市民参画の機会を提供する事を目的に行われたイベントです。

オープニングではスペシャルゲストとして、映画 『刀剣乱舞』などに出演している俳優・岩永洋昭さんが登場、姫路の街の印象や地域の魅力発信について話されました。

続いて、石見利勝姫路市長のビデオメッセージが上映されました。

「若者のみなさんに、将来姫路市に住み続けたい、働きたいと思っていただける、魅力あるまち『ひめじ』を作っていきたい」と話しました。

その後、園田学園女子大学名誉教授・田辺眞人さんによる講演会が行われ、「街の魅力と地域創生」をテーマに話されました。

また高校生らによる地方創生に関する取り組みの事例についてや、ライフシミュレーションモデルに関する発表も行われました。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから(外部リンク) 


 

第4回潮彩いちば塾

2019年2月2日

料理教室の様子

姫路市中央卸売市場で2月2日に「潮彩いちば塾」を開催しました。

姫路市では魚に関する栄養知識を学び、旬の魚を使った料理教室を行うことで、もっと身近に家庭でもおいしく魚を味わってもらおうと「潮彩いちば塾」を開催しています。

まず、姫路市中央卸売市場について、映像を見ながら説明を聞き、その後、実際に市場内を見学しました。

調理室に戻り いよいよ魚を使った料理教室です。

今回、使用した魚は「ミンククジラの赤肉」と「イワシクジラの皮」。

「鯨肉は、高たんぱく・低カロリー・鉄分も多く含まれ、栄養価の高い食材です。

繊維質の鯨肉は、食べやすいように細く切るなどの工夫をしながら作っていきました。

およそ二時間で、5品が完成。

最後はみんなで作った料理を味わいました。

 

☆YouTubeでご覧になるにはこちらから(外部リンク) 


 

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2073   ファクス番号:079-221-2076

姫路市公式アプリひめじプラス

姫路市公式フェイスブックページ

姫路市公式インスタグラム

姫路動画チャンネル

Copyright(C) 2019 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地