検索の多いキーワード



検索方法
ホーム > 広報系フォルダ(koho) > 姫路市 記者発表資料 > 2017年(平成29年)記者発表資料 > 2017年3月 記者発表資料 > 「姫路市学校園消費者教育指針」を策定しました。
 
記者発表資料検索
キーワードで記者発表資料を検索することができます。

「姫路市学校園消費者教育指針」を策定しました。

資料提供日

平成29年3月24日(金)

 

問い合わせ先

担当課 教育委員会総務課
担当者 藤保、北村
電話番号 079-221-2773
 

学校教育における消費者教育の充実が図られることを目的として「姫路市学校園消費者教育指針」を策定し、市立学校園に配付します。平成29年4月から、指針を活用して、市内全ての学校園で消費者教育を実施します。

 

策定の趣旨

平成27年3月に策定した「姫路市教育振興基本計画」において、現代的な課題に対応する教育の一つとして「消費者教育の推進」を新たに盛り込み、消費生活に関する知識を習得し、適切な意思決定や消費行動ができる児童生徒の育成を目指しています。

本指針は、学校園において主体的に活用されることで、これまでの授業や活動に「消費者」の視点がプラスされ、学校教育における消費者教育の充実が図られることを目的として策定するものです。 

 

本計画の構成

第1章 姫路市が目指す「消費者教育」

第2章 学校園における消費者教育の進め方

第3章 推進体制

資料 

 

目標

        自立した消費者として、自ら学び、他者と協働し、こころ豊かな社会をつくる姫路っ子の育成

 

目指す子供像

「消費について主体的に学び、適切に判断し、行動できる子供」(セルフ)

「消費生活を通して、より良いふるさとの発展に貢献できる子供」(ローカル)

「消費社会の将来を展望し、望ましい社会の形成に参画できる子供」(グローバル)   

 

学校園における消費者教育の進め方 

  1. 学校教育における消費者教育の体系図
     消費者教育の対象領域及び育むべき力を縦軸に、発達段階を横軸に配し、各領域の各発達段階における消費者教育の学習目標について体系図として示しました。 
  2. 領域別体系図
    消費者教育の視点を取り入れやすい幼稚園の活動及び「社会科」「公民科」「生活科」「家庭科」「技術・家庭科」「情報科」「道徳」「総合的な学習の時間」の単元等を取り上げ、四つの領域ごとに体系図として示しました。
  3. 活用実践例と学習指導案集
    実践推進校等が授業実践した18の実践例、消費者教育の視点を明記した26の学習指導案を掲載しました。

 

 今後の取組

消費者教育を学校教育に特化して重点的に取り組んでいる自治体は少なく、今後、本市の特色ある取組として、本指針を活用した消費者教育を教科横断的・体系的に進めていきます。

  1. 全市展開 
    3月 下旬 各学校園に配付
    4月 ~  各学校園長への説明、各学校園における指針の活用

  2. 指針の配付
    ア 作成部数 1,800部
    イ 配付先    姫路市立学校園、姫路市消費生活センター、兵庫県教育委員会等関係機関 他

 

 添付資料

PR:姫路市イメージキャラクター しろまるひめ

資料の閲覧方法についてのご案内

このページに掲載されている資料の中には、別途、閲覧ソフトが必要になるものが含まれています。
閲覧ソフトをお持ちでない場合は、下記のそれぞれのリンクから無料でダウンロードすることができます。

PDF形式 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。

Acrobat Readerダウンロードページ

ワード形式

ワード形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft社が提供するWord Viewerが必要です。

Word Viewerダウンロードページ 

エクセル形式

エクセル形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft社が提供するExcel Viewerが必要です。

Excel Viewerダウンロードページ

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2743   ファクス番号:079-221-2749
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地