検索方法
ホーム > 広報系フォルダ(koho) > 姫路市 記者発表資料 > 2018年(平成30年)記者発表資料 > 2018年5月 記者発表資料 > 高齢者の住宅火災による死者が増えています
 
記者発表資料検索

キーワードで記者発表資料を検索することができます。

高齢者の住宅火災による死者が増えています

資料提供日

平成30年5月21日(月曜日)

 

問い合わせ先

担当課  姫路市消防局予防課

担当者  大原・田中

電話番号  079-223-9532
 

   消防局管内(姫路市・神崎郡3町)において、今年1月以降、住宅火災により4人の高齢者の方が亡くなられています。
 平成26年から発令している「高齢者の焼死者 ストップ宣言!!」の内容を今一度、確認し、火災から、高齢者を守りましょう。 
 

焼死者の年齢

   70代 2人

 80代 2人 

 

火災はちょっとした油断や不注意から発生します

高齢者の方は、火災初期のパチパチという音がしても気が付かなかったり、火災に気が付いても身体が動きにくかったりし、逃げ遅れてしまう可能性がとても高いと言われています。

しかし、家族や地域、そして本人の少しの注意により、悲惨な火災を防ぐことができます。 

火災原因は様々ですが、高齢者は、たばこ、こんろ、ストーブが原因の火災で死亡するケースが多いと言われています。

  • 「たばこ」 の出火原因として、火種の落下、寝たばこ、不始末等が挙げられます。寝たばこは絶対しない、吸い殻は水に付けてから捨てることを徹底しましょう。
  • 「こんろ」の出火原因として、使用中に放置、周囲の可燃物や着衣に着火することが挙げられることから、その場を離れるときは必ず火を消す、袖口や体が火に触れないように注意する、こんろ周辺の整理整頓を心掛けることが重要です。
  • 「ストーブ」 の出火原因として、可燃物が接触・落下、引火等が挙げられます。いずれも使用中の取扱い不備が挙げられることから、燃えやすいものは近くに置かない、外出・就寝前には火を消す、ストーブの上には洗濯物を干さない、給油タンクのフタを確実に閉めることを徹底することが重要です。

 

添付資料(平成30年5月23日以降、自治会へ回覧・掲出依頼)

PR:姫路市イメージキャラクター しろまるひめ

資料の閲覧方法についてのご案内

このページに掲載されている資料の中には、別途、閲覧ソフトが必要になるものが含まれています。
閲覧ソフトをお持ちでない場合は、下記のそれぞれのリンクから無料でダウンロードすることができます。

PDF形式 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。

Acrobat Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-223-9532   ファクス番号:079-223-9540

姫路市公式アプリひめじプラス

姫路市公式フェイスブックページ

姫路市公式インスタグラム

姫路動画チャンネル

Copyright(C) 2018 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地