トップページ企画展・特別展 > 播磨工芸美術展
本文へ

特別展示「2018年 播磨工芸美術展」


 播磨で活躍する現代工芸作家で構成される「播磨工芸会」と共催で「播磨工芸美術展」を開催。最新作を中心に約30点を出品します。播磨工芸会員により、現代工芸の各分野の作品を一堂に会した展覧会です。会期中、出品作家が展示会場に来館する「作者来館日」を設け、作品の説明や創作裏話など、観覧される方からの質問にお答えします。
 また、併設イベントとして工芸作家による「リレー工芸教室」を9教室開催。出展作家と交流しながらていねいな指導を受け、オリジナル工芸作品の製作を体験していただけます。

美術展の観覧には入館料が必要、リレー工芸教室は参加費(入館料は不要)が必要です。

会期/平成30年(2018年)3月9日(金)〜4月8日( 最終日は午後4時で閉室
会場/一般展示室
主催/姫路市書写の里・美術工芸館、播磨工芸会
後援/神戸新聞社(予定)
企画/公益財団法人 姫路市文化国際交流財団

美術展について

 出展者は、陶芸6人、染織5人、漆芸1人、革工芸1人の計13人(播磨工芸会会員)に加え、招待作家3人(陶芸)の特別出品も予定。
播磨工芸会は平成7年の発足。美術工芸館での共同展覧会の開催は今回で22回目
播磨工芸会事務局(姫路市夢前町置本465 竹尾寿敏方 ?079-335-1038)

昨年の展示風景
昨年の展示風景写真

展覧会チラシ(A4表裏 716KB)

併設イベント「リレー工芸教室」について

出展作家のうち、陶芸教室ほか計9教室を実施します。申し込みが必要で、教室ごとに事前締切日があります。
詳細はリレー工芸教室のリンクページをご覧ください。



出品作家と作品について

五十音順 2018年2月6日現在
作品写真は例のため、同作品が展示されるとは限りません。

赤松 省吾 (あかまつ しょうご) 【陶芸】
赤松省吾作品写真


飯田 あき (いいだ あき) 【染織】
飯田あき作品写真


飯塚 博子 (いいづか ひろこ) 【染織】
飯塚博子作品写真


小野 紘之 (おの ひろゆき) 【陶芸】
小野紘之作品写真


上出 真由美 (かみで まゆみ) 【陶芸】
上出真由美作品写真


喜多 千景 (きた ちかげ) 【陶芸】
喜多千景作品写真


清瀬 光洋 (きよせ みつひろ) 【陶芸】
清瀬光洋作品写真


竹尾 壽敏 (たけお ひさとし) 【漆芸】
竹尾壽敏作品写真


西島 玲 (にしじま れい) 【染織】
西島玲作品写真


西山 まい美 (にしやま まいみ) 【染織】
西山まい美作品写真


山本 和子 (やまもと かずこ) 【染織】
山本和子作品写真


山本 喜容子 (やまもと きよこ) 【陶芸】
山本喜容子作品写真


米田 敬子 (よねだ けいこ) 【革工芸】
米田敬子作品写真


招待作家(特別出品)について

当館で実施した公募展(2017播磨・工芸ビエンナーレ)の入賞作家による作品をあわせて展示します。
鈴木 健司 【陶芸】
谷 健三 【陶芸】
藤岡 光一 【陶芸】


出品作家のプロフィール(A4 182KB)

姫路市書写の里・美術工芸館
〒671-2201 姫路市書写1223番地  [ 地図 ]
電話 079-267-0301 ファックス 079-267-0304

トップページ企画展・特別展 > 播磨工芸美術展