このページの本文へスキップ


施設インフォメーション

姫路文学館

電話079-293-8228

〒670-0021 姫路市山野井町84
開館は午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
月曜日(祝休日を除く)、祝休日の翌日休館
姫路文学館ホームページ(外部リンク)

特別展 まど・みちおのうちゅう 関連イベント

おはなし会

日時 平成29年8月11日(祝日)、午前11時から午前11時30分
内容 わらべの会による、まど・みちおの作品を楽しむおはなし会です
対象 未就学児から小学校低学年と保護者
定員 150人(当日受け付け、先着順)

まど・みちおの音楽

日時 平成29年8月13日(日曜日)、午後2時から午後3時
内容 ソプラノ歌手の松本温子さんとピアノ奏者の丸山聡美さんが「ぞうさん」や「やぎさん ゆうびん」「一ねんせいになったら」などを披露します
定員 150人(当日受け付け、先着順)

ぞうさんのひみつ まど・みちおの動物たち

日時 平成29年8月20日(日曜日)、午後1時30分から午後3時
内容 動物園の職員が、まど・みちおの童謡や詩に出てくるゾウやキリンなどの話をします。とっておきの話が聞けるかも
対象 未就学児から小学生(保護者同伴可)
定員 150人(当日受け付け、先着順)

記念講演会 まど・みちおの絵画と詩−無意識の基層から現れるもの−

まど・みちおが描いた絵の写真

日時 平成29年8月26日(土曜日)、午後1時30分から午後3時
内容など まど・みちお研究で知られる梅花女子大学名誉教授の谷悦子さんによる、まど・みちおの絵画と詩との関係についての講義です。特別展観覧券の半券が必要
定員 150人(当日受け付け、先着順)


企画展

没後十年 川柳作家・時実新子展

時実新子の写真

期間 平成29年9月9日(土曜日)から10月15日(日曜日)
内容 川柳界を超えて愛された時実新子の業績と作品の魅力について、特に彼女が川柳と出会った姫路で過ごした時代に焦点を当てながら紹介します
観覧料 一般300円、高校・大学生200円、小学・中学生100円(常設展示観覧料)


文学館望景亭の貸室の利用停止

改修工事のため、平成29年9月1日(金曜日)から平成30年3月31日(土曜日)(予定)は、望景亭の貸室の利用はできません。ご迷惑をお掛けしますが、ご協力をお願いします。


ページトップへ戻る