本文へ  Multilingual English |中文 |한국어 |Francais |Espanol |Portugues |Deutsch |Việt Nam

このページの本文へスキップ


施設インフォメーション

姫路文学館

電話079-293-8228

〒670-0021 姫路市山野井町84
ファクス079-298-2533
電子メールkyo-bungaku@city.himeji.lg.jp
開館は午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
月曜日(祝休日を除く)、祝休日の翌日(土曜日・日曜日を除く)休館
姫路文学館ホームページ(外部リンク)

KOTOBAまつり
ブラックライトシアター「トイ・サーカス」

日時 平成31年3月10日(日曜日)、午後2時から午後2時40分(開場は午後1時30分から)
内容 暗闇に色鮮やかな絵人形が浮かんでは消える不思議な影絵。影絵人形劇団「むむのこ」が、おもちゃたちが繰り広げる愉快な「トイ・サーカス」を上演します。対象は3歳以上で、家族みんなで楽しめます
定員 100人(当日受け付け、先着順)


海猫沢めろんトークイベント
「小説家という生き方」

日時 平成31年3月24日(日曜日)、午後1時30分から午後3時(開場は午後0時30分から)
内容 大阪生まれ、姫路育ちの作家・海猫沢めろんさんから、さまざまな仕事を経て作家となるまでの話や創作秘話をインタビュー形式で伺います
定員 150人

平成31年3月15日(金曜日)(当日消印有効)までに、通常はがきかファクスまたはホームページでイベント名、住所(郵便番号も)、参加者全員の氏名(ふりがな)、 年齢、電話番号、学生は学校名・学年、あれば海猫沢めろんさんへの質問を姫路文学館

平成31年度年間講座

期間・回数 平成31年4月から平成32年3月。いずれも年間10回

講座名・講師 日時(原則) 定員 受講料
「よりよく自己を生きるために」~この世に生きることを支えるもの
岡田勝明(姫路獨協大学教授)   
第1木曜日 午前10時から午前11時30分 150人 5,000円
「源氏物語の世界」
中川正美(梅花女子大学名誉教授)
第2金曜日 午前10時30分から正午 150人 5,000円
「近現代文学中の名作」に挑む
菅原美文(近現代文学を読む会主宰) 
第3木曜日 午前9時30分から午前11時30分 30人 無料
司馬遼太郎の「殉死」「義経」「尻啖(くら)え孫市」「街道をゆく」などを読む
姫路文学館学芸員
第2土曜日 午前9時30分から正午    30人 無料
「天皇と万葉集」
大森亮尚(古代民俗研究所代表)
第3金曜日 午後1時30分から午後3時 150人 8,500円  
「歴史の“真実”と“ロマン”を求めて時空を旅する」講座
菅原美文(近現代文学を読む会主宰)
第2水曜日 午前10時から正午 150人 8,500円
「珠玉の作品を朗読する(明治・大正編)」
森本穫(元賢明女子学院短期大学教授)
第2水曜日 午後1時30分から午後3時20分 150人 6,000円
文章表現 基礎講座
岡田功(加古川史談会)
第2木曜日 午後1時30分から午後3時30分 30人 6,000円

平成31年3月15日(金曜日)(当日消印有効)までに、封書かファクスまたは電子メールでイベント名、住所(郵便番号も)、参加者全員の氏名(ふりがな)、 年齢、電話番号を姫路文学館


ページトップへ戻る