本文へ  Multilingual English |中文 |한국어 |Francais |Espanol |Portugues |Deutsch |Việt Nam

このページの本文へスキップ


情報ピックアップ
「音楽のまち・ひめじ」プロジェクトのロゴマーク

「音楽のまち・ひめじ」を推進します


さあ、まちに出よう。音に出会おう。

文化の面からまちににぎわいを創出する「音楽のまち・ひめじ」プロジェクト。今年度も、音楽に触れるさまざまなイベントを実施します。その取り組みについて紹介します。さあ、まちに出て音楽を楽しみましょう。

文化国際課・電話079-221-2098

今年度は「さあ、まちに出よう。音に出会おう。」が合言葉

コンサートなどの会場を郊外にも広げ、姫路市内各地で音に触れることのできる環境づくりに取り組みます。全国的に知名度のある人気パフォーマーや音楽家による公演のほか、地域の音楽団体や若手演奏家による「まちかどコンサート」をさまざまな場所で開催。
また、子供たちが楽しく音楽に触れられるよう、夏休みなどを活用したワークショップの実施や、未就学児とその家族を対象にした音感教育なども積極的に行う予定です。

姫路市内小学校でのミニコンサートの写真 姫路市内小学校でミニコンサートを開催
交響詩ひめじまちかどコンサートの写真 大盛況となった「交響詩ひめじ」まちかどコンサート

注目

姫路パルナソス音楽コンクール

日時 平成30年5月13日(日曜日)、午前10時開演
場所 文化センター小ホール
内容 姫路にゆかりがある新進音楽家に、輝かしい未来へ飛躍してもらうためのコンクール。器楽(ピアノ・弦楽器・管楽器)、声楽ソロの各部門に分かれ、次代を担う若き音楽家がそれぞれの演奏技術や表現力を競います。審査員長は、芸術監督の池辺晋一郎さん。入場無料

姫路市文化国際交流財団設立30年特別企画 
宮川彬良&アンサンブル・ベガ

日時 平成30年6月3日(日曜日)、午後2時30分開演
場所 文化センター大ホール
内容 大人気の作曲家・宮川彬良さんのユーモアあふれる話術で本格クラシックを笑いながら楽しめるコンサート。3歳から入場できます
入場料 S席2,000円、A席(2階)1,000円、高校生以下は各半額(全席指定)

トピックス

姫路市文化国際交流財団に芸術監督と音楽プロデューサーが就任しました

優れた文化芸術の提供や地域文化の育成・支援を目的として、幅広い年齢層を対象にした公演や市民参加型事業を行う姫路市文化国際交流財団。平成30年4月1日から池辺晋一郎さんが芸術監督に、多戸章人さんが音楽プロデューサーに就任しました。池辺さんは、姫路市文化国際交流財団が実施する事業の総合的な監修や姫路市文化振興ビジョンに基づく指導助言を、多戸さんは文化振興事業の企画制作や財団の事業部門職員の育成を担います。(仮称)姫路市文化コンベンションセンターの開設を見据え、両氏の見識、経験、人脈を生かしながら、「音楽のまち・ひめじ」プロジェクトも一層の事業拡大と充実を図ります。

芸術監督 池辺晋一郎さんの写真 芸術監督
池辺晋一郎さん
(作曲家)

「交響詩ひめじ」の作曲以来、姫路市とは深い関わりを持ってきました。50数万という多くの人が集うも当然の、まちの素晴らしさを実感しています。新たにオープンする芸術の殿堂が、この素晴らしさに真にふさわしいものとして育っていくため、姫路市の芸術文化振興に力を尽くしたいと思います。


東京藝術大学大学院修了。尾高賞3回、日本アカデミー賞優秀音楽賞、紫綬褒章、姫路市芸術文化大賞など多数受賞

音楽プロデューサー 多戸章人さんの写真 音楽プロデューサー
多戸章人さん
(プロデューサー)

親しみやすい鑑賞型事業の企画や、まちの至る所で音楽を楽しめる企画を通して、音楽の楽しさを伝え、地域の音楽文化の底上げを目指したいです。また、子供たちにもさまざまな形で働きかけ、次世代の育成にも力を入れていきたいと考えています。


武蔵野音楽大学卒業。東京都交響楽団やN響のステージマネージャーを経て、現在加東市東条文化会館チーフプロデューサー


ページトップへ戻る