このページの本文へスキップ


情報ピックアップ

70歳以上の国民健康保険加入者と、後期高齢者医療制度加入者へのお知らせ

高額療養費の自己負担限度額を改正します

高額療養費とは、医療機関や薬局の窓口で支払った額が1カ月(月の初めから終わりまで)で上限額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。平成29年8月から、高齢者と若者の間での世代間の公平を図るため、国民健康保険加入者の70歳以上75歳未満の人と後期高齢者医療制度に加入している人の自己負担限度額が一部変更になります。新たな限度額については下表の通りです。
なお、住民税非課税世帯の人や70歳未満の人(後期高齢者医療制度の被保険者を除く)は、平成29年8月以降も現行の限度額のまま据え置きとなり、変更はありません。詳しくは問い合わせを。

平成29年8月から平成30年7月までの自己負担限度額(月額)

平成29年8月から平成30年7月までの自己負担限度額(月額)の表

国民健康保険課・電話079-221-2341、後期高齢者医療保険課・電話079-221-2315


ページトップへ戻る