このページの本文へスキップ


情報ピックアップ

有効期限を過ぎた高齢受給者証は市の窓口へ

国民健康保険の申請はお済みですか

高齢受給者証の更新(70歳から74歳の人)

高齢受給者証の有効期限は平成29年7月31日(月曜日)まで。新しい受給者証は7月中旬に郵送します。平成29年8月1日(火曜日)以降は、新しい高齢受給者証と被保険者証の提示を。

限度額適用認定証などの申請

入院や外来、調剤薬局等での支払いが高額になる場合に、限度額適用認定証や限度額適用・標準負担額減額認定証を医療機関の窓口で提示すると、支払時の負担が軽減されます。

70歳未満の加入者 申請は被保険者証と印鑑、マイナンバーカードか通知カード、保険料が納付済みであることが確認できる物(保険料の口座振替を利用していない人のみ)を持参し、国民健康保険課(姫路市役所1階)へ。保険料に未納がある人は利用不可

70歳から74歳の加入者(住民税非課税世帯) 申請は被保険者証と印鑑、高齢受給者証、マイナンバーカードか通知カードを持参し、国民健康保険課、各支所・地域事務所などへ

注 いずれも平成29年1月2日以降に姫路市に転入した人は住民税の課税・非課税証明書を持参
注 現在認定証を持ち、平成29年8月以降も引き続き対象となる人には平成29年7月上旬に申請書を送付します

療養費の支給

医師の指示で治療用装具を作った場合や、旅行中の急病など緊急かつやむを得ない理由で保険証を持たずに病院にかかった場合など、いったん費用の全額を負担したときは、申請によりその費用の一部が療養費として払い戻されます(時効は2年)。申請は国民健康保険課や各支所・地域事務所などへ。提出書類は国保連合会で審査されるため、支給までに約3カ月かかります。詳しくは問い合わせを。

国民健康保険課・電話079-221-2341


ページトップへ戻る