本文へ  Multilingual English |中文 |한국어 |Francais |Espanol |Portugues |Deutsch |Việt Nam

このページの本文へスキップ


情報ピックアップ

平成30年度の保険料納付通知書を平成30年6月中旬に送付

国民健康保険料のお知らせ

国民健康保険は、加入者が負担する保険料と医療機関等で支払う負担金、国からの補助金などで運営。その仕組みや納付方法等をお知らせします。

国民健康保険課
加入・脱退、保険料の計算は資格賦課担当・電話079-221-2343
保険料の徴収・納付相談は収納担当・電話079-221-2346
口座振替・保険料還付は管理担当・電話079-221-2358

保険料の計算方法

保険料は、医療給付に充てる「医療分」、後期高齢者医療保険を支える「支援金分」、介護費に充てる「介護分」で構成。それぞれの保険料は、加入者の所得や加入人数などに応じ、所得割額・均等割額・平等割額を合計して賦課します(下表)。なお、保険料率は、平成30年5月下旬に決定し告示するほか、保険料納付通知書にも記載します。

保険料の計算方法の図

保険料の納付方法

年間の保険料は、6月から翌年3月までの10回に分けて納付します。各金融機関の窓口でも納付できますが、納め忘れのない口座振替が便利です。なお、手続き日から口座振替開始日まで、約2カ月かかります。
また、保険料を年金から天引きする「特別徴収」の対象に新たに該当する世帯は、納付通知書でお知らせします。

保険料の減免制度

加入者が被災や失業などにより保険料の納付が困難と認められるとき、申請により、保険料が減免される場合があります。条件など、詳しくは問い合わせを。

通知の様式が変わります

平成30年度から保険料納付通知書と納付書の様式が大きく変わりますので、ご注意ください。


ページトップへ戻る