このページの本文へスキップ


情報ピックアップ

国民年金保険料の大切なお知らせ

国民年金保険料の免除・納付猶予の申請を

国民年金保険料を納めることが困難な場合、申請により保険料の納付が免除・猶予されます(所得基準あり)。

平成29年7月中に申請を 平成28年度の免除(猶予)期間は平成29年6月までです。 引き続き免除(猶予)を希望する人は、平成29年7月中に国民年金窓口センター(姫路市役所1階)や各支所・地域事務所・出張所・サービスセンター、駅前市役所で申請を。 全額免除・納付猶予がすでに承認され、平成29年7月以降も引き続き同じ免除(猶予)を希望することをあらかじめ申し出た人は、再申請は不要です。 なお、再申請が必要な人には、平成29年7月初旬に日本年金機構から案内を送付します(平成29年5月中旬以降に平成28年度分の免除申請をした人は、案内が送付されない場合があります)

生活状況の変化 平成28年度の免除・猶予申請が却下になった人でも、 所得の減少や扶養人数の変動、世帯変更、失業など状況に変化があれば承認になる場合がありますので、再度申請してください

納付猶予の対象拡大 平成28年7月1日より対象者が30歳未満から50歳未満になりました(年度途中に50歳に到達する場合の承認期間は誕生月の前月まで)

免除・納付猶予基準
区分 基準額(基準額は、免除の場合、本人・配偶者・世帯主それぞれの前年の所得額。納付猶予の場合、本人・配偶者それぞれの前年の所得額。 地方税法上で定める障害者・寡婦の基準額は、前記と125万円のうち高い方)
全額免除 (扶養親族の数+1)×35万円+22万円以下
4分の3免除 78万円以下(扶養人数の有無や数に応じた加算あり)
半額免除 118万円以下(扶養人数の有無や数に応じた加算あり)
4分の1免除 158万円以下(扶養人数の有無や数に応じた加算あり)
納付猶予 (扶養親族の数+1)×35万円+22万円以下

国民年金窓口センター・電話079-221-2332


ページトップへ戻る