本文へ  Multilingual English |中文 |한국어 |Francais |Espanol |Portugues |Deutsch |Việt Nam

このページの本文へスキップ


情報ピックアップ

誤嚥性肺炎を予防して健康長寿

後期高齢者歯科健診を実施

口腔(こうくう)機能の低下や誤嚥(ごえん)性肺炎を予防するため、姫路市の後期高齢者医療被保険者を対象とした歯科健診を実施します。
受診するには、事前に姫路市歯科医師会口腔保健センターへの電話予約が必要です。

日時 平成30年6月1日(金曜日)・3日(日曜日)から5日(火曜日)、午後1時から午後3時
受診場所 姫路市歯科医師会口腔保健センター(姫路市安田三丁目107)
定員 各日30人(先着順)
受診料 無料
受診内容 問診、咀嚼(そしゃく)能力評価(かむ機能)、舌機能評価(舌の動き)、嚥下(えんげ)機能評価(飲み込む機能)、口腔内診査(歯の状態)
必要な物 後期高齢者医療被保険者証
申し込み 平成30年5月11日(金曜日)から、午前9時から午後5時(土曜日・日曜日を除く)に、電話で姫路市歯科医師会口腔保健センター(電話079-288-5896)へ。予約時に、後期高齢者医療被保険者番号を伝えてください

後期高齢者医療被保険者証の写真
被保険者番号は被保険者証で確認を

姫路市歯科医師会口腔保健センターの周辺地図

後期高齢者医療保険課・電話079-221-2315

誤嚥性肺炎とは?

飲み込む機能の低下により、口の中の細菌が唾液や胃液と共に肺に流れ込むことが原因で起こる肺炎です。
現在、日本人の死亡原因の第3位は肺炎で、特に高齢者に増加しており、その多くが誤嚥性肺炎です。普段から口の中を清潔にし、雑菌を減らすことで予防につながります。


ページトップへ戻る