本文へ  Multilingual English |中文 |한국어 |Francais |Espanol |Portugues |Deutsch |Việt Nam

このページの本文へスキップ


人・まちトピックス

わがまちマイスター vol.3

置塩製麺所
置塩 有朋さん

プロフィール
琴丘高校を卒業後、陸上自衛隊に入隊。約7年半務めた後、妻の父が創業した置塩製麺所に入社。10年程前に2代目を継ぐ
置塩製麺所
姫路市夢前町宮置508
注 製麺所での小売りはしていません

置塩有朋さんの写真

−わたしの目指すモノづくり−

結束するのは麺と人

私が作っているのは、兵庫県手延素麺(そうめん)協同組合のブランド麺「揖保乃糸」。原材料は、小麦粉、水、塩、綿実油ですが、小麦粉の質や麺の細さ、製造時期の違いによって、赤や紫、黒など等級を表す帯の色が変わってきます。
製造するのは室内ですが、特に寒冷期は翌日までの天候の変化を見極めて、最適な方法を選択できなければ、納得できる素麺を作ることができません。そこが素麺作りの難しさでもあり、面白さでもあります。
私のこだわりは麺の「ハダ」。素麺の持つ魅力を最も伝えられるのは、すっきり喉を通るツルツルのハダだと思います。いいハダが出る決め手となる乾燥作業は、特に気を使いますね。
素人であった私は、初めは自分の腕を磨くことに必死でした。でも、素麺作りは決して一人ではできません。妻との阿吽(あうん)の呼吸と、各作業を任せる仲間の力が、私が作る素麺には何より必要な材料です。

掛巻機で素麺を巻き取っている写真 束ねた素麺をチェックしている写真
分単位で作業を進めないと、少し遅れただけでも仕上がりに影響が

置塩さんのお薦めの食べ方は鍋。シメではなくメイン食材としてポン酢で食べるのが最高なのだそう


ページトップへ戻る