このページの本文へスキップ


人・まちトピックス

ふるさと探訪(278)

姫路の「ええとこ」見ぃつけた!(38)

小赤壁公園

目の前に広がる絶景と心地よい風

八家川から福泊港にかけて、姫路市内でも珍しい自然海岸が残っています。小赤壁と呼ばれ、巨石が連なるさまが中国の赤壁に似ていることからその名が付いたそう。この小赤壁がある木庭山の山上と福泊港の近くにあるのが小赤壁公園です。
山上の公園は、小赤壁の上に位置し、潮の香りのする心地よい風が私たちを迎えてくれます。播磨灘を一望できる展望台があり、天気の良い日には、小豆島や明石海峡大橋まで見渡せるほか、休日にはパラグライダーが大空へ飛び立つ姿が見られることも。春には満開の桜とどこまでも広がる青い海が見られるなど四季折々のすてきな景色も楽しめます。
公園のすぐそばには木庭神社もあり、初詣や夏祭りなど地元の人に親しまれる憩いの場となっています。
朝日や夕日に染まる海も絶景。山上へは車で行けるので、気軽に出掛けてお気に入りの景色を探してみてはいかがでしょうか。

小赤壁公園から見た海の写真(上)、小赤壁公園で説明をするリポーターの田中さんの写真(下の左)、小赤壁の写真(下の中)、木庭神社の写真(下の右)
自然の力強さを感じさせる小赤壁。落石のため海岸沿いは通行止めです(下の中)

リポーターの田中さんの写真 リポーター
田中 久喜さん(姫路市木場)

アクセスマップ

小赤壁へのアクセスマップ

ページトップへ戻る