このページの本文へスキップ


人・まちトピックス

142 元気な活動紹介します ぴぃぷるぴぃぷる

「食」で伝える播磨の魅力

姫路食文化協会
(連絡先:前川裕司さん・電話079-224-8803〈NPO法人コムサロン21内〉)

豊富な食材に恵まれ、食品加工会社も多い姫路。姫路・播磨の食を広め、播磨の良さを知ってもらいたいと活動するのが「姫路食文化協会」です。
姫路城に来た人に「姫路のうまいもん」をアピールしようと、食品会社などが作った「播磨うまいもん会」が前身。食文化の向上に貢献し、播磨の観光・文化・産業を盛り上げるため、食や観光などに関連する組合や団体が集まり、平成7年11月に結成しました。
食に関する情報発信や情報交換のほか、イベントへの出店調整なども。これまで個々に実施していたイベントも、協会を構成する24団体で協力し開催しています。
毎年秋には、大手前公園で姫路おでんや播磨のご当地グルメ、地酒などが楽しめる姫路食博を開催。今年は平成29年11月10日(金曜日)から12日(日曜日)で、全国のご当地おでんが集結する第5回全国ご当地おでんと地酒サミットin姫路も同時開催されます。
「播磨には、山の幸や海の幸が豊富で、これらを生かしたうまいもんがそろっている。だからこそ、高級料理だけでなく『普段食』もうまいまちとして姫路をアピールしていきたい」と前川さん。これからも、姫路ならではの「食」の魅力を発信していきます。

姫路食博での姫路おでんの屋台、イーグレひめじからの撮影した姫路食博、姫路港ふれあいフェスティバルの出店屋台、会員による月1回の会議の写真

姫路食博は人気のイベント。平成28年度は約10万人が来場しました(写真右上、右下)
姫路港ふれあいフェスティバルなどにも出店(写真左上)。月に一度は会員で意見交換(写真左下)

リポーターの広報推進員の写真 リポーター
広報推進員 大山純奈
広報推進員ブログ


ページトップへ戻る