このページの本文へスキップ


市政HOTニュース

市政HOT ニュース  「ほっと」な話題をお届けします

にぎわい続く姫路城

グランドオープン後の入城者が500万人突破

姫路城グランドオープン後の入城者500万人突破の写真

姫路城グランドオープン後の入城者が、平成29年3月28日、500万人を突破。節目の入城者に市長から認定証と記念品を贈呈しました。 平成27年度は過去最多の約287万人を記録し、平成28年度も約211万人が入城。中でも、外国人観光客が増加しており、平成の修理完了から2年が経過した今もにぎわいが続いています。


姫路がオリンピック事前合宿地の候補に

フランス柔道連盟が県立武道館を視察

フランス柔道連盟の県立武道館視察の写真

「フランス柔道の父」と呼ばれる川石酒造之助の出身地である姫路市は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、県と共にフランス柔道選手団の事前合宿を誘致しています。 平成29年3月28日、フランス柔道連盟関係者が県立武道館を訪れ、道場やトレーニ ング室などの練習設備を熱心に視察しました。


四百年 千姫の戀(こひ) 城に花

姫路城観桜会を開催

姫路城観桜会の写真

平成29年4月8日、姫路城三の丸広場で姫路城観桜会を開催しました。満開の桜の下、和太鼓演奏や交響詩ひめじの合唱などが披露されたほか、 千姫の姫路城入城400周年を記念して作られた升で提供された地酒や茶席も人気を集めました。あいにくの空模様にもかかわらず、約5万3千人が訪れました。


「和の心」を感じて

好古園開園25周年記念茶会・講演会を開催

好古園開園25周年記念茶会の写真

平成4年に市制100周年を記念して開園した好古園で、平成29年4月16日、開園25周年記念茶会を開催。観光客ら約200人が茶室・双樹庵で茶の湯を堪能しました。 また、同日、市民会館では、記念講演会を開催。裏千家15代前家元・千玄室大宗匠が、「和の心」と題して講演しました。


飾磨港から生野・明延・中瀬鉱山へと続く物語

「銀の馬車道 鉱石の道」のストーリーが日本遺産に

「銀の馬車道 鉱石の道」日本遺産登録祝賀式典の写真

地域の歴史的魅力や特色を通じて日本の文化・伝統を語るストーリーを文化庁が認定する「日本遺産」。 姫路市を含む3市3町が共同で申請した「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道」が認定され、平成29年4月29日、祝賀式典が朝来市の生野銀山で開催されました。 2年越しの念願がかない、地元住民ら約250人が喜び合いました。


爽やかな風を感じながら散策

書写山周辺で新緑まつりを開催

書写山円教寺摩尼殿の写真

平成29年5月3日から8日、書写山周辺で書写山新緑まつりを開催しました。普段は見ることができない大講堂や常行堂などの重要文化財を特別公開。 平成29年3月に兵庫県指定文化財に登録された円教寺摩尼殿などにも、多くの家族連れらが訪れ、鮮やかな新緑に囲まれた境内で、休日のひとときを楽しんでいました。


姫路アルバム

城と桜(1978年)

1978年の城と桜の写真

姫路城の桜の多くは戦後植えられたソメイヨシノ。春には、今も昔も変わらず、花見を楽しむ人々でにぎわいます。



ページトップへ戻る