検索方法
 
この部署のメインメニュー

姫路市総合計画「ふるさと・ひめじプラン2020」の概要

総合計画とは

 総合計画とは、長期的な展望の下、総合的かつ計画的なまちづくりを進めるための指針となるものです。

この計画に基づき、市民の皆さんが姫路の自然、人、歴史・文化を愛し、いつまでも守り続けたいと思えるような「ふるさと・ひめじ」を築いていきます。

 

計画策定の趣旨

  • 平成18年(2006年)3月の周辺4町との市町合併により市域や人口、都市構造などに大きな変化が生じ、特に産業構造については、従来の商工業都市という顔に加えて農林水産業都市としての側面も併せ持つなど、都市の姿が大きく変化することとなりました。
  • 人口減少社会の到来をはじめとする、社会経済情勢の大きな変化に伴う住民ニーズの多様化等に加え、「三位一体の改革」に引き続く「歳出・歳入一体改革」に代表される国の行財政改革は、地方自治体の行財政運営に大きな影響を与えています。
  • 「旧地方分権推進法」等に基づいて行われた地方分権の推進は平成の大合併を経てますます加速しており、住民と地方自治体が、自らの判断と責任において地域を経営することにより、個性豊かで活力に満ちた地域社会を実現することが求められています。

 このような状況に総合的、体系的に対応するため、播磨の中核都市として将来の政令指定都市への移行を視野に入れつつ、成長を続ける新姫路市の21世紀初頭における確かな道標となる総合計画を策定し、都市づくりの長期的かつ基本的な方向性を示すものです。

 

計画の構成と期間

 総合計画は、基本構想、基本計画、実施計画の3つで構成されています。

 

基本構想

 都市づくりの基本理念、目指すべき都市像、基本目標、目標とする人口と都市構造などの都市づくりの目標と新しい都市づくりを進める方策を示します。

 期間は平成21年度(2009年度)から平成32年度(2020年度)までの12年間です。

 

基本計画

 基本指標と計画推進の方針、基本構想に掲げる基本目標を達成するための基本的政策とこれに基づく政策及び施策を総合的、体系的に示します。

 期間は基本計画と同様です。

 ※ただし、想定を超える急激な社会経済情勢の変化等が生じた場合は状況に応じて改訂することとします。

 

実施計画

 基本計画に掲げる施策を推進するための具体的な事業を示すもので、平成32年度までの12年間を3か年ごとに分けて策定します。

 

 ・実施計画についてはこちら

 


総合計画の構成と期間

 

計画のポイント

都市づくりの基本理念

播磨の豊かな自然と、災害が少ない環境から受ける恵みに感謝し、その資源をより豊かなものとして未来の世代に引き継ぐ「自然との共生」、文化、世代などの違いを超えて、互いに尊重し合い、市民が主体となりまちづくりを行う「人と人との共生」、先人の業績を敬い、歴史に培われた資源や知恵から受けている恩恵を活かし、さらに磨きをかけ未来の市民に引き継ぐ「歴史・文化との共生」の3つの共生による「共生のまちづくり」を基本理念としています。


都市づくりの基本理念

 

目指すべき都市像

現在・過去・未来の市民に責任を持てる持続可能な都市の姿である「生きがいと魅力ある 住みよい都市 姫路」を目指します。

 

実現のための基本目標

目指すべき都市像を実現するため、次の4つの基本目標を設定しています。

 

1.ふれあいと賑わいある 協働・交流都市

市民一人ひとりが豊かな生活を実感し、共にまちづくりを担い、人、もの、情報などが交流する、ふれあいと賑わいある都市づくりを進めます。

2.風格と活力ある 歴史文化・産業都市

市民が歴史文化と市民文化に愛着を持ち、活発な産業活動が多様な価値を生み出し、効率的で効果的な都市経営に基づく、風格と活力ある都市づくりを進めます。

3.やさしさと信頼に満ちた 教育・福祉都市

未来を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境を実現し、すべての市民が互いに支え助け合い、安心して暮らせる、やさしさと信頼に満ちた都市づくりを進めます。

4.自然豊かで快適な 環境・利便都市

自然と共生し資源循環を基調とした社会づくりを進めるとともに、だれもが安全で安心して質の高い生活ができる、自然豊かで快適な都市づくりを進めます。

 

 

目標とする人口 =人口53万人を維持=

コーホート要因法を用いた人口推計では、姫路市の人口は、平成17年(2005年)の53.6万人をピークに減少に転じ、本総合計画の目標年度である平成32年度(2020年度)には、50.4万人となり、本格的な人口減少社会になると見込まれています。

こうした中で、社会的、経済的に持続可能な都市を構築し、住みよい都市づくりを進めるためには、急激な人口減少を回避し、定住人口を維持、増加させることが望まれます。

このため、少子化対策を推進するとともに、市外からの人口流入及び定住化を積極的に促進し、平成32年度においても、現状の人口規模である「53万人」を維持することを目標としています。


目標人口

 

 

目標とする都市構造 =多核連携型都市構造=

持続可能な都市を目指すため、地域特性に応じた土地利用を促進する「土地利用ゾーン」、住みよい生活圏の形成と高次都市機能が集積する都心部の充実を図る「地域核等と地域生活圏」、さらに、各地域の交流連携を促進する「都市軸と交流連携軸」の3つの要素を設定し、地域資源や地域特性を活用しつつ、都市機能を分担し相互補完することができる「多核連携型都市構造」の構築を目標としています。


多核連携型都市構造


 

新しい都市づくりを進める方策 =姫路スタイル=

目指すべき都市像を着実に実現するため、本市の地域特性や地域資源に着目した独自の都市経営戦略として「新しい都市づくりを進める方策=姫路スタイル=」を設定しています。
姫路スタイルを構成する4つの方策は、基本目標の達成を加速する推進エンジンであり、目指すべき都市像に向かうそれぞれの基本目標を全体的に支援、加速するものです。
この姫路スタイルと基本目標との相乗効果により、目指すべき都市像の実現に向けて総合的に政策を展開します。

 

1.コンパクトシティの推進

目指すべき都市のかたちである「多核連携型都市構造」、地域が持つ資源を有効に活用する「あるもの活用」、環境を守るために地元で生産・消費し、そして再利用する「地産地消・地廃地活」に取り組み、コンパクトな都市経営を推進します。

2.市民共治(ローカル・ガバナンス)の実現

高い組織率を保つ自治会等の地縁団体、NPO法人、企業、ボランティア団体、地元大学、企業などと行政が手を携え、それぞれの特性を活かしながら公共の担い手として地域課題を解決する、市民の参画・協働による地域経営を実現します。

3.生涯現役社会の実現

高齢化が進む中、元気で質の高い生活の基本となる「健康生活」、趣味や学習などに取り組む「余暇の充実」、知識や経験などを社会に活かす「自己実現」の3つの視点から、高齢者が生涯にわたり社会の担い手としていきいきと活躍できる社会を実現します。

4.グローバルな視点に立った都市づくりの推進

高度な研究開発機能と創造的ものづくり力を持つ企業群との連携による産業振興、世界文化遺産姫路城の魅力を活かした観光産業の振興など、本市特有の優位性を戦略的に活用して、グローバル化に対応した都市の成長力強化に努めます。


姫路スタイルのイメージ

 

 

「姫路スタイル・PDCAサイクル」の活用

実施計画に掲げるすべての施策について、数値目標と重点事業を設定するとともに、3年ごとのサイクルの中に単年度のサイクルを組み合わせた本市独自のPlan(計画)-Do(実施)-Check(評価)-Action(改善)により、継続的な評価・改善を行い、その結果を公表します。

 

資料の閲覧方法についてのご案内

このページに掲載されている資料の中には、別途、閲覧ソフトが必要になるものが含まれています。
閲覧ソフトをお持ちでない場合は、下記のそれぞれのリンクから無料でダウンロードすることができます。

PDF形式 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。

Acrobat Readerダウンロードページ

ワード形式

ワード形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft社が提供するWord Viewerが必要です。

Word Viewerダウンロードページ 

エクセル形式

エクセル形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft社が提供するExcel Viewerが必要です。

Excel Viewerダウンロードページ

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2206   ファクス番号:079-221-2384
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地