検索方法
  • 防災
  • 消防・救急
  • 安全安心・消費生活
  • 戸籍・住民票・証明
  • 国民健康保険・後期高齢者医療保険・国民年金
  • 税金
  • 各種相談・人権
  • 市民活動・交流・男女共同参画
  • ごみ・リサイクル・美化
  • 花と緑・植物
  • 住まい・土地
  • 水道・下水道
  • 環境保全・自然環境
  • 子育て・保育
  • 教育・学校
  • 生涯学習・図書館
  • 姫路わくわくチャイルド
  • 国民健康保険・国民年金など
  • 健康・衛生
  • 福祉・介護
  • 福祉医療費・こども医療費助成制度
  • 休日・夜間の窓口案内
  • 観光・レジャー・スポーツ
  • 市内おでかけ施設情報
  • 文化・芸術
  • 文化財・歴史
  • 世界遺産姫路城マラソン
  • 姫路市Webマップで施設を探す
  • 姫路観光ナビひめのみち
  • 姫路市総合計画「ふるさと・ひめじプラン2020」
  • 地方創生
  • 連携中枢都市圏構想
  • 道路・河川・港湾・交通・公園
  • 開発・建築
  • 都市計画・まちづくり
  • 市政一般・広報・情報公開
  • 政策・財政・行政改革
  • 情報政策・IT
  • 監査・検査
  • 選挙・議会
  • 主な公共施設一覧

石造無縫塔

名称(ふりがな)

石造無縫塔(せきぞうむほうとう)

 

概要

新庄の臨済寺境内にある別峯国師の墓と称する無縫塔は、高さが1.265メートル卵形の塔身の高さが33センチメートル、基礎の高さ41センチメートル、竿の高さが23センチメートル、中台の高さが18.5センチメートル、そして請花が11センチメートルある。室町時代の石造美術として形象美をもった石造物である。鎌倉時代に端を発した石造美術のうち、無縫塔は禅宗の渡来とともに禅家によってつくられた形式で、禅寺の開山や高僧の墓碑として発達した。赤松義則は一門の参禅修業の場として、新庄のこの地を求め別峯国師(注:国師とは天皇の帰依を得た高僧に与えられた禅僧最上の称号)を招いて開山とした。別峯は応永9年(1402)臨済寺において死亡した。その墓石がこの無縫塔である。

 

所在地

姫路市夢前町新庄1468-4 臨済寺

 

写真

石造無縫塔の写真

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2786   ファクス番号:079-221-2779

姫路市公式アプリひめじプラス

姫路市公式フェイスブックページ

姫路市公式インスタグラム

姫路動画チャンネル

Copyright(C) 2019 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地