宮山古墳

名称(ふりがな)

宮山古墳(みややまこふん)

概要

尾根の突端に築造された直径約30m、高さ約2mの大形円墳で、3基の竪穴式石室が存在した。北にある第1主体は盗掘されていたが、南にある第2主体からは垂飾付耳飾1対、爬竜鏡・玉類や多量の鉄製品などが出土した。さらに、その下から第3主体が発見され、木棺内からは画文帯神獣鏡、垂飾付耳飾1対、各種玉類などが、棺外からも葬送儀礼に用いた埋納品の類が出土した。

所在地

姫路市四郷町坂元406

写真


写真

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2786   ファクス番号:079-221-2779
Copyright(C) 2016 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地