浜の宮天満宮秋季例祭屋台練り台場差し

名称(ふりがな)

浜の宮天満宮秋季例祭屋台練り台場差し(はまのみやてんまんぐうしゅうきれいさいやたいねりだいばさし)

概要

毎年10月8、9日に飾磨橋西地区10ヶ町を氏子地域とする天満社(浜の宮天満宮)の秋季例祭で屋台練り及び台場差しが行われる。台場差しは現在、須加・宮・天神が大屋台、西細江が中屋台で継承しており、県内でも人力で屋台を最も高く差し上げる風流である。
 乗り子と舁き棒を担ぐ練り子と台場の下に入った差し手が心を一にし、「サイテバチョーサー」の掛け声とともに、屋台を差し上げる。人々の頭上高くに屋台が浮き上がるように見え、差し手が台場を差しとめて静止する時間を太鼓の音で測る。静止が崩れると練り子は屋台を落とさぬよう本棒・脇棒をしっかりと受け止め、同時に差し手は迅速に脱出するのである。

所在地

姫路市飾磨区須加40

写真

写真

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2786   ファクス番号:079-221-2779
Copyright(C) 2016 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地