検索方法
 

恒屋城址

名称(ふりがな)

恒屋城址(つねやじょうせき)

概要

自然の山塊の頂上部を削平し、土塁や空堀を築いた中世の山城である。一説には長禄2年(1458)頃に築かれたとされ、赤松家の家臣であった恒屋氏の居城であった。一般に中世の城は、見晴らしの良い高い位置に築かれる。削平地には、いくつかの建物が建てられていたと推測される。当城跡からは古瓦が採集されているため、全国的にみても早い段階で瓦を用いた建築物が採用されたことがわかる。

所在地

姫路市香寺町恒屋字城山

写真

写真

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2786   ファクス番号:079-221-2779
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地