検索方法
ホーム > 各課HPフォルダ(教育系=出先機関) > 総合教育センター > 学校教育の情報化推進事業について
 

学校教育の情報化推進事業について

事業の目的

  グローバル化や高度情報化が進展する中、学校教育においては、情報通信技術、いわゆるICTの特長を最大限活用した21世紀にふさわしい新たな学校と学びを創造することが求められています。また、子供たちが情報や情報手段を主体的に選択し活用していくための情報活用能力を身につけ、情報社会に主体的に対応していく力を備えることが求められています。 

  本市では、未来を担う子供たちにとっての質の高い教育環境として、市内小中学校すべての普通教室に統一したICT環境を整備しました。本事業は、本市の特色ある小中一貫教育と連携した取組として、子供たちに生きる力としての確かな学力や情報活用能力など、様々な社会の変化に対応できる力を育成することを目的としています。 

取組方針  

Himeji教育の情報化推進フォーラム 

事業概要

機器整備内容

  1. 全中学校普通教室に電子黒板機能付ディスプレイと書画カメラ 515セット (小学校には平成21年度に整備済み)
  2. 全小・中学校普通教室に指導者用パソコン 1,432台
  3. 全小・中学校に協働学習用タブレット等 130セット1,386台 (児童生徒4人につき1台+指導者用1台のセットを配備。大規模校には2セット) 

 導入までのスケジュール

          平成25年 8月初旬   プロポーザルにより調達開始

                          9月中旬   提案書締切、提案内容説明会

                          9月下旬   最優秀者決定

                        10月初旬~ 導入機器の環境設定

                        10月下旬~ 学校へ順次、機器設置

                        11月上旬~ 教職員への講習を順次開始

                        12月1日より運用開始(5年間、機器賃貸借・保守・研修・成果研究など) 

事業費

  総額 約6億6千万円(5年間)

関連URL      

 

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-224-5840   ファクス番号:079-224-5847
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地