検索方法
  • 防災
  • 消防・救急
  • 安全安心・消費生活
  • 戸籍・住民票・証明
  • 国民健康保険・後期高齢者医療保険・国民年金
  • 税金
  • 各種相談・人権
  • 市民活動・交流・男女共同参画
  • ごみ・リサイクル・美化
  • 花と緑・植物
  • 住まい・土地
  • 水道・下水道
  • 環境保全・自然環境
  • 子育て・保育
  • 教育・学校
  • 生涯学習・図書館
  • 姫路わくわくチャイルド
  • 国民健康保険・国民年金など
  • 健康・衛生
  • 福祉・介護
  • 福祉医療費・こども医療費助成制度
  • 休日・夜間の窓口案内
  • 観光・レジャー・スポーツ
  • 市内おでかけ施設情報
  • 文化・芸術
  • 文化財・歴史
  • 世界遺産姫路城マラソン
  • 姫路市Webマップで施設を探す
  • 姫路観光ナビひめのみち
  • 姫路市総合計画「ふるさと・ひめじプラン2020」
  • 地方創生
  • 連携中枢都市圏構想
  • 道路・河川・港湾・交通・公園
  • 開発・建築
  • 都市計画・まちづくり
  • 市政一般・広報・情報公開
  • 政策・財政・行政改革
  • 情報政策・IT
  • 監査・検査
  • 選挙・議会
  • 主な公共施設一覧

農地が市街化区域内でない場合(許可申請)

 転用する農地が市街化区域内でない場合の手続きをご案内しています。

概要

 市街化調整区域内または都市計画区域外にある農地を転用する場合は、農地法第4条・第5条の規定により、県知事の許可を受ける必要があります。
 農業委員会で申請を受付け、意見書を付けて県に書類を送付しその後許可等行政処分がされます。
 なお、許可の基準は主に下記のようになっています。これらの条件のいずれかに該当しない場合は許可されません。

  • 申請地及び転用目的が営農条件や周辺の市街地化の状況から妥当であること
  • 転用予定地の位置が妥当で転用する面積の必要性が認められること
  • 転用目的達成の確実性が確保されていること(適切な計画を立て、転用事業に必要な資力が十分である)
  • 周辺農地・水利等への被害防除措置が十分であること
  • 転用行為の妨げになる権利を有する者の同意を得ていること
  • 転用事業に関係する他法令上問題がないこと(例:住宅を建てる場合、建築許可が得られる見込みがあること)
  • 「農業振興地域の整備に関する法律」で規定する農用地区域に該当しない農地であること

 

事務処理日程

受付締切日

毎月10日

交付予定日

受付月の翌月の20日頃

日程の都合で前後する場合があるのでお問い合わせください。

 

手続きの概要

  1. 転用する農地が農用地区域の指定を受けていないか確認してください。
    農用地区域に含まれていないことを証する書類を用意してください。
    農用地区域の指定を受けている場合は、必要に応じ農用地区域から除くなどの手続きを行ってください。(注1)
  2. 事業計画および資金計画をたててください。
  3. 転用する農地について、法務局で土地の「登記事項証明書(全部事項証明書)」「公図(字限図等)」を取り、内容を確認してください。
  4. 必要な許可申請書および添付書類について、農業委員会事務局へお問い合わせください。
  5. 他法令に基づく許認可を必要とする場合は、農地法の審査と並行して、他法令に基づく許認可の手続きを進める必要があります。(注2)
  6. 必要な添付書類を用意し、許可申請書に必要事項を記入・押印の上、農業委員会事務局に提出してください。
  7. 農業委員会において現地確認をおこないます。
  8. 農業委員会の総会に諮った後に、意見書を添付して県知事あて許可申請書等を送付します。 (注3)
  9. 県知事は、その許可申請書等を受けて許可・不許可を判断します。
  10. 許可案件について許可指令書が、不許可案件については不許可の通知書が、農業委員会に送付されます。
  11. 受付月の翌月の20日頃に、許可指令書(または不許可の通知)を交付します。交付時にご連絡しますので、受取の認印をもって農業委員会事務局まで受け取りに来てください。許可指令書の交付後に、標識を設置し転用行為に着手してください。
  12. 転用事業が完了するまで、農業委員会に進捗状況の報告をしてください。完了した時点で完了報告をしてください。
  13. 転用事業完了後に、法務局で地目変更の手続きをしてください。

注1)

農用地区域からの除外などの手続きについては、担当課(下記関連情報に掲載)にお尋ねください。

注2)

都市計画法、宅地造成等規制法、緑豊かな地域環境の形成に関する条例、産業廃棄物の不適正な処理の防止に関する条例、など。

注3)

申請面積が30aを超えるものについては、県知事に送付する前に、兵庫県農業会議の意見を聴くこととなっています。

提出書類

  • 許可申請書
    農地所有者が自ら転用する場合は、第4条許可申請書
    農地所有者以外の者が買い受けたり借り受けたりして転用する場合は、第5条許可申請書
  • 必要な添付書類

 提出は正・副各1部です。副本は正本をコピーして作成していただいて結構です。

 許可申請書は農業委員会事務局に備え付けてあります。

 お手元に控えが必要な場合は、別途ご用意ください。 

 案件によって必要な添付書類が異なりますので、農業委員会事務局までお尋ねください。

 

提出先

 農業委員会事務局の窓口に提出してください。

注意点

 申請の際には、記入漏れや誤りがないか、添付書類が揃っているかなどを確認してください。許可申請書、添付書類に不備がありますと、当月分として処理ができなくなる恐れがあります。余裕をもって申請を行ってください。 

 

関連情報

 


農業用施設等に関する許可の例外について(農地法施行規則第29条第1号)

 第4条に該当する場合で、農地等の保全及び利用増進の目的(農業用道路・農業用水路等)や、200平方メートル未満の農地を農業用施設(農業用倉庫等用地)として利用する場合は県知事許可は不要ですが、代わりに農業委員会に許可不要の当該規定確認申請を行って下さい。

 

事務処理日程

受付締切日

毎月10日

交付予定日

受付月の28日頃

 

日程の都合で前後する場合があるのでお問い合わせください。

 

手続きの概要

  1. 転用する農地が農用地区域の指定を受けていないか確認してください。
    農業振興地域に限り、農用地区域に含まれていないことを証する書類を用意してください。
    農用地区域の指定を受けている場合は、必要に応じ、農用地区域の区分変更または農用地区域から除く手続きを行ってください。
  2. 農業用施設として利用しようとする農地について、法務局で土地の「登記事項証明書(全部事項証明書)」「公図(字限図等)」を取り、内容を確認してください。
  3. 確認申請書および必要な添付書類について、農業委員会事務局へお問い合わせください。
  4. 必要な添付書類を用意し、確認申請書に必要事項を記入・押印の上、農業委員会事務局に提出してください。
  5. 農業委員会において現地確認をおこないます。
  6. 農業委員会の総会に諮り、適切であることの認定を行います。
  7. 受付月の28日頃に、適当と認められたものについて確認書を交付します。交付時にご連絡しますので、受取の認印をもって農業委員会事務局まで受け取りに来てください。
  8. 転用事業を行ってください。事業が完了しましたら、法務局で地目変更の手続きをしてください。

  

提出書類

  • 確認申請書
  • 必要な添付書類

 提出は1部です。

 確認申請書は農業委員会事務局に備え付けてあります。

 お手元に控えが必要な場合は、別途ご用意ください。 

 案件によって必要な添付書類が異なりますので、農業委員会事務局までお尋ねください。

 

提出先

 農業委員会事務局の窓口に提出してください。

 

法務局のご案内

 法務局のホームページをご案内しています。

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2822   ファクス番号:079-221-2809

姫路市公式アプリひめじプラス

姫路市公式フェイスブックページ

姫路市公式インスタグラム

姫路動画チャンネル

Copyright(C) 2019 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地