検索方法
ホーム > 各課HPフォルダ(総務系) > 情報政策室 > 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度) > マイナンバーカードによる図書館利用サービスのご案内
 

マイナンバーカードによる図書館利用サービスのご案内

平成28年11月27日(日曜日)から、マイナンバーカードを利用して図書館の利用(本の貸出)ができるサービスを開始。従来の図書館カード(貸出券)に加えて、マイナンバーカードでも本の貸出が可能になります。マイナンバーカードの公的個人認証・利用者証明用電子証明書を活用した図書館利用サービスとしては、全国初の取組となります。

サービス内容

従来の図書館カード(貸出券)に加えて、マイナンバーカードでも本の貸出ができるようになります。

マイナンバーカードでの本の貸出を利用する方は、図書館の窓口で簡単な手続きが必要です。 

図書セルフ貸出機でも貸出できるようになりました。 

 

対象図書館

城内図書館・各分館

対象者

利用者証明用電子証明書の搭載されたマイナンバーカードを所有する、姫路市内居住者、姫路市内に通勤・通学している者、播磨連携中枢都市圏内居住者 

事前手続き

図書館カードをお持ちの方は、図書館カードとマイナンバーカードを持って、図書館の窓口で登録の手続きを行います。

図書館を初めてご利用の方は、貸出券申込書を記入の上、提出の際にマイナンバーカード利用の希望を伝え、マイナンバーカードを提示してください。

利用方法

窓口での貸出 
  1.  借りたい本を職員に渡し、マイナンバーカードをICカードリーダにセットします。
  2. 利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4桁)を入力します。
  3. その後は通常の貸出手続きを行ってください。

 

図書セルフ貸出機での貸出
  1.  貸出開始ボタンを押します
  2.  マイナンバーカードを指定の場所にセットします。
  3.  利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4桁)を入力します。
  4.  その後は、通常の貸出券と同じように、操作を行ってください。

  

注意事項

  • マイナンバーカードは顔写真付きのカードのため、マイナンバーカードによる貸出はカード所有者本人に限ります。
  • 利用者証明用電子証明書の搭載されたマイナンバーカードをお持ちでない方は利用できません。
  • 図書館では、マイナンバーカードの申請はできません。   

 

赤穂市・福崎町・神河町の図書館でも利用できます 

 播磨圏域連携中枢都市圏の赤穂市・福崎町・神河町の図書館でも同様のサービスが開始されました。

これにより、マイナンバーカードで2市2町の図書館で本の貸出サービスが利用できます。

サービスを利用の際は、利用を希望する自治体の図書館窓口で登録を行ってください。

 

利用できる図書館

赤穂市:赤穂市立図書館 

福崎町:福崎町立図書館

神河町:中央公民館図書室、神崎公民館図書室、 児童センターきらきら館 

 

サービスの仕組み

マイナンバーカードのICチップに搭載されている公的個人認証(JPKI)の利用者証明用電子証明書を利用します。(これ以外には一切アクセスしません)

マイナンバーカードによる図書の貸出は、利用登録及び図書の貸出の際に、サービスの利用希望者自身が暗証番号を入力し、利用者証明用電子証明書の発行番号を取り出して提供していただくことで利用できるサービスです。

図書館利用登録時や、図書セルフ貸出機の利用の際には、利用者証明用電子証明書の有効性確認を実施します。 

ICチップ内のマイナンバーや氏名・住所などの個人情報は一切利用しません。

 

問い合わせ先

マイナンバーカードの多目的利用に関すること:情報政策室 079-221-2167

図書館の利用に関すること:城内図書館 079-289-4884  (姫路市立図書館ホームページ) 

 

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2975   ファクス番号:079-221-2161
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地