検索方法
  • 防災
  • 消防・救急
  • 安全安心・消費生活
  • 戸籍・住民票・証明
  • 国民健康保険・後期高齢者医療保険・国民年金
  • 税金
  • 各種相談・人権
  • 市民活動・交流・男女共同参画
  • ごみ・リサイクル・美化
  • 花と緑・植物
  • 住まい・土地
  • 水道・下水道
  • 環境保全・自然環境
  • 子育て・保育
  • 教育・学校
  • 生涯学習・図書館
  • 姫路わくわくチャイルド
  • 国民健康保険・国民年金など
  • 健康・衛生
  • 福祉・介護
  • 福祉医療費・こども医療費助成制度
  • 休日・夜間の窓口案内
  • 観光・レジャー・スポーツ
  • 市内おでかけ施設情報
  • 文化・芸術
  • 文化財・歴史
  • 世界遺産姫路城マラソン
  • 姫路市Webマップで施設を探す
  • 姫路観光ナビひめのみち
  • 姫路市総合計画「ふるさと・ひめじプラン2020」
  • 地方創生
  • 連携中枢都市圏構想
  • 道路・河川・港湾・交通・公園
  • 開発・建築
  • 都市計画・まちづくり
  • 市政一般・広報・情報公開
  • 政策・財政・行政改革
  • 情報政策・IT
  • 監査・検査
  • 選挙・議会
  • 主な公共施設一覧
ホーム > 各課HPフォルダ(総務系) > 行財政改革推進課 > 事業の最適化に向けた取組み

事業の最適化に向けた取組み

毎年度の予算編成にあわせて、各部局において事業の必要性や効果性等を自律的に点検し、事業の見直しを行っています。

事務事業の見直し

過去3年度の事業見直し件数と効果額 

  • 平成30年度〔229件、340,062,000円〕 
  • 平成29年度〔286件、357,815,000円〕
  • 平成28年度〔614件、398,346,000円〕

 

「姫路市行財政改革プラン2019」に基づく外部点検について(平成29年度) 

 「姫路市行財政改革プラン2019(平成27年度から平成31年度)」に基づく行財政改革の取組みの一つとして、市が実施しているすべての事業の中から20事業を選定し、市外部の方による事業点検を実施しました。

 

点検目的

限られた行政資源(カネ、ヒト、モノ)の中、時代に即した行政ニーズを的確に把握し、本当に必要な公共サービスを最適な量、質、提供主体、方法で実施するため、市が実施する事業を点検し、事業の選択と集中によって最適な公共サービスの提供を図ることを目的としています。

 

基本的な考え方

事業の「必要性」、「妥当性」、「緊要性」、「効果性」、「効率性」の5つの視点に基づいた点検・検証を行い、今後の事業の方向性や改善策等を検討し、必要な見直しを行います。

 

点検方法

このたび実施する外部点検は、行政サービスそのものの必要性の是非を問う、いわゆる「事業仕分け」ではなく、事業の趣旨・目的の是非、達成手段としての妥当性、事業の効果・効率性、実施主体の適否などについて、市外部の視点から点検を行い、点検結果を踏まえた具体的な見直し方法等について検討し、今後の取組みに繋げていきます。

 

事業選定

市が実施している、すべての事業の中から20事業を選定します。

 

第一次選定【1,965事業→493事業】

市が実施しているすべての事業を対象に、次のア~カの形式的基準のいずれかに該当する事業を外部点検の対象事業から除きます。

【形式的基準】

  ア 平成31年度までに事業の廃止が決定、又は廃止を予定している事業

  イ 単年度・臨時的事業

  ウ 事業開始後、又は事業見直し後3年未満の事業

  エ 市に裁量の余地が少ない事業(法定受託事務や政策的判断が必要な事業等)

  オ 事業費が一定規模以下の事業(平成27年度決算額が100万円未満の事業)

  カ 市民生活・サービスに直接影響が少ない事業(事務的経費等)

 

内部点検【493事業】

各事業所管課で、事業の必要性、妥当性、緊要性、効果性、効率性の5つの視点に基づいた点検を行うとともに、課題整理と今後の事業の方向性などについて検討します。

 

第二次選定【493事業→42事業】

各局に、局内プロジェクトチーム(参事級・主幹級職員で構成する庁内組織)を設置し、内部点検の結果をもとに、行政以外でもサービス提供が可能な事業や費用対効果が低い事業などを抽出します。

 

市民アンケート【42事業】

無作為に抽出した18歳以上の市民3,000人を対象に、外部点検の対象として相応しいと思う事業を一人5つまで選択する形式で、市民アンケートを実施します。

 

最終選定【42事業→20事業】

市民アンケートの結果を参考に、「姫路市行財政改革市民会議(市長の附属機関)」等で協議を重ね、市長を本部長とする行財政改革推進本部において外部点検の対象事業を決定します。

姫路市行財政改革市民会議:学識経験者や市政に関する有識者、公募市民等で組織する市長の附属機関

詳しくは、「姫路市行財政改革市民会議」のページをご覧ください。 

 

外部点検の開催概要

姫路市行財政改革市民会議の委員によって、事業の効率性や効果性などについて公開の場で点検を行いました。 

開催日時

平成29年7月22日(土曜日)、23日(日曜日) 午前10時00分から午後4時頃まで

 

開催場所

姫路市役所 本庁舎10階 大会議室、第2会議室、第4会議室

 

点検スケジュール

予定時間 第1グループ【第2会議室】 第2グループ【第4会議室】
10時00分から10時15分まで 開会【大会議室】 開会【大会議室】
10時20分から11時10分まで 映画・ビデオ等を活用した広報活動 太陽光発電システム設置への助成
11時20分から12時10分まで 地域包括支援センターの運営 特定健康健診・特定保健指導の推進
13時00分から13時50分まで 職員用被服(事務服) 放課後児童クラブの運営
14時00分から14時50分まで 保健福祉サービスセンターの運営 校区人権教育の推進
15時00分から15時50分まで 要介護(要支援)認定調査 花と緑のまちづくり普及・啓発(まちごと緑花大作戦)
【1日目:平成29年7月22日(土曜日) 】
 
予定時間 第1グループ【第2会議室】 第2グループ【第4会議室】
10時00分から10時15分まで 開会【大会議室】 開会【大会議室】
10時20分から11時10分まで わかものジョブセンターの運営 姫路お城まつり
11時20分から12時10分まで 支所・出張所等の運営 農業振興センターでの園芸植物の栽培
13時00分から13時50分まで 書写の里・美術工芸館の運営 商店街高度化推進事業
14時00分から14時50分まで 重度障害者(児)見舞金及び介護手当 民間防火組織の育成とまもりんピックの開催
15時00分から15時50分まで 地域社会活性化事業 公民館の運営
【2日目:平成29年7月23日(日曜日) 】

 

配布資料

  1. 全体概要(PDF形式; 1376KB)
  2. 外部点検シート(事業概要説明書) 第1グループ [1日目](PDF形式; 7140KB)
  3. 外部点検シート(事業概要説明書) 第1グループ [2日目](PDF形式; 5012KB)
  4. 外部点検シート(事業概要説明書) 第2グループ [1日目](PDF形式; 5094KB)
  5. 外部点検シート(事業概要説明書) 第2グループ [2日目](PDF形式; 6866KB) 

 

コーディネーター・外部点検員

役割 氏名 所属等
コーディネーター 戸谷 裕之 大阪産業大学経済学部教授
外部点検員 吉田 裕康 姫路商工会議所専務理事
外部点検員 岩田 稔恵 姫路市連合婦人会会長
外部点検員 汐田 浩二 姫路市議会総務委員会委員長
外部点検員 伴野 光男 公募市民
【第1グループ】
  
役割 氏名 所属等
コーディネーター 瓦田 沙季 兵庫県立大学大学院会計研究科教授
外部点検員 世良 日一 公認会計士
外部点検員 村瀬 利浩 姫路経営者協会専務理事
外部点検員 北川 博康 姫路市連合自治会副会長
外部点検員 杉本 崇 連合兵庫姫路地域協議会議長代理
外部点検員 田中 智美 公募市民
【第2グループ】
  
 
コーディネーターと外部点検員の役割

コーディネーター:点検作業の進行役として、議論をまとめる役割です。

外部点検員:事業の必要性、妥当性、緊要性、効果性、効率性などの観点から市の担当職員に対し質問や意見交換を行い、議論する役割です。

 

実施方法(点検の流れ)

1事業当たりの点検事業は約50分です。 

  1. 事業説明〔10分程度〕
    市の担当職員から外部点検シート及び補足資料をもとに、事業の目的、内容、課題、今後の方向性などについてご説明します。
  2. 論点説明〔1、2分程度〕 
    コーディネーターから事業の見直しに関する論点を説明していただきます。
  3. 質疑応答〔35分程度〕
    外部点検員が担当職員への質問を交えながら議論を行います。
  4. 総括〔4、5分程度〕
    コーディネーターが議論の内容を整理し、グループとしての意見を提言します。

 

議事要旨

外部点検当日の、主な意見や提案等をまとめたものです。 

  1. 第1グループ[1日目](ワード形式; 44KB)
  2. 第1グループ[2日目](ワード形式; 48KB)
  3. 第2グループ[1日目](ワード形式; 49KB)
  4. 第2グループ[2日目](ワード形式; 52KB) 

 

点検結果

見直しの方向性について、「廃止」が1事業、「縮小」が1事業、「統合」が1事業、「拡充」が3事業、「改善」が14事業ありました。

 

局名 事業名 事業の方向性 見直し終期
市長公室 1 映画・ビデオ等を活用した広報活動 拡充 平成31年度
総務局 2 職員用被服(事務服) 廃止 平成30年度
市民局 3 地域社会活性化事業 改善 平成31年度
市民局 4 支所・出張所等の運営 改善 平成31年度
市民局 5 特定健康健診・特定保健指導の推進 改善 平成31年度
環境局 6 太陽光発電システム設置への助成 改善 平成31年度 
健康福祉局 7 重度障害者(児)見舞金及び介護手当 統合 平成31年度
健康福祉局 8 地域包括支援センターの運営 拡充 平成30年度
健康福祉局 9 要介護(要支援)認定調査 改善 平成30年度
健康福祉局 10 放課後児童クラブの運営 拡充 平成31年度
健康福祉局 11 保健福祉サービスセンターの運営 改善 平成31年度
観光交流局 12 姫路お城まつり 改善 平成31年度
産業局 13 農業振興センターでの園芸植物の栽培 縮小 平成31年度
産業局 14 商店街高度化推進事業 改善 平成31年度
産業局 15 わかものジョブセンターの運営 改善 平成31年度
建設局 16 花と緑のまちづくり普及・啓発(まちごと緑花大作戦) 改善 平成31年度
消防局 17 民間防火組織の育成とまもりんピックの開催 改善 平成30年度
教育委員会 18 校区人権教育の推進 改善 平成31年度
教育委員会 19 公民館の運営 改善 平成29年度
教育委員会 20 書写の里・美術工芸館の運営 改善 平成31年度
【各事業の方向性・見直し終期一覧】

 

これまでの事業点検について

全事業総点検(平成23年度)

限られた財源の中で、財政運営の健全性を維持しつつ集中的に行政資源を投入し、公共サービスの最適化を図ることを目的として、平成23年度にすべての事業を総点検しました。

詳細につきましては、全事業総点検の実施(平成23年度)のページをご覧ください。

 

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2947   ファクス番号:079-221-2123

姫路市公式アプリひめじプラス

姫路市公式フェイスブックページ

姫路市公式インスタグラム

姫路動画チャンネル

Copyright(C) 2019 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地