検索方法
  • 防災
  • 消防・救急
  • 安全安心・消費生活
  • 戸籍・住民票・証明
  • 国民健康保険・後期高齢者医療保険・国民年金
  • 税金
  • 各種相談・人権
  • 市民活動・交流・男女共同参画
  • ごみ・リサイクル・美化
  • 花と緑・植物
  • 住まい・土地
  • 水道・下水道
  • 環境保全・自然環境
  • 子育て・保育
  • 教育・学校
  • 生涯学習・図書館
  • 姫路わくわくチャイルド
  • 国民健康保険・国民年金など
  • 健康・衛生
  • 福祉・介護
  • 福祉医療費・こども医療費助成制度
  • 休日・夜間の窓口案内
  • 観光・レジャー・スポーツ
  • 市内おでかけ施設情報
  • 文化・芸術
  • 文化財・歴史
  • 世界遺産姫路城マラソン
  • 姫路市Webマップで施設を探す
  • 姫路観光ナビひめのみち
  • 姫路市総合計画「ふるさと・ひめじプラン2020」
  • 地方創生
  • 連携中枢都市圏構想
  • 道路・河川・港湾・交通・公園
  • 開発・建築
  • 都市計画・まちづくり
  • 市政一般・広報・情報公開
  • 政策・財政・行政改革
  • 情報政策・IT
  • 監査・検査
  • 選挙・議会
  • 主な公共施設一覧

家島観光スポット

家島(本島)の観光スポットをご案内します。

スポット一覧

観光スポット:間浦古郭

間浦は、現在の家島本島の真浦です。「間浦古郭」は室町時代、京都の石清水八幡宮の所領だった頃、苦瓜助五郎本道という役人が、家島諸島に赴任し城山(飯盛山)に築いた城跡のことだと伝えられています。ここからの海の眺望には素晴らしいものがあります。
真浦港より徒歩で約5分。
(家島十景)

観光スポット:白髭霊祠

家島本島にある宮浦神社のことです。この社はその昔、滋賀県高島町にある白髭神社から勧請されたものと伝えられています。 「播磨鑑」の漢詩は「神のご威光はおごそかで、全ての悩みを助けてくださる。周囲の緑がお霊屋を隠しているが、付近の港を率いているようだ。世の中が順調なのは仏が姿を変えて助けてくださるからだろう。風景は麗しく輝き、年々咲く花も美しい」と意訳されます。
宮港より徒歩で約3分。
(家島十景)

観光スポット:天満霊樹

家島本島の天神鼻にある家島神社付近の美しい樹林です。その昔、菅原道真が平安京から太宰府に配流される 途中に立ち寄ったと伝えられています。「播磨鑑」の漢詩では「光り輝く道真公の霊廟がある嶮しい崖は晴れわたり、銀色をした入り江は、 冠の紐を洗うことができるほどだ。梅の花はまるで雲のように見え、その香りと色は十分だ。天神の森の評判の高まるのは当然だ」と訳さ れています。
宮港より徒歩で約13分。
(家島十景)

観光スポット:監館眺望

寛永16年(1639年)、海上警備のために江戸幕府が設けた番所(見張所)からの素晴らしい眺めのことで す。家島本島にある清水公園がかつての番所の位置にあたります。「この場所から見る入江の風景は周囲を圧し、夕日にひときわ映える光 景は煙霧の中に見える対岸の姫路城の天守閣だ」と「播磨鑑」には記されています。
宮港より徒歩で約12分。
(家島十景)

観光スポット:観音崎月

家島本島の南端にある観音崎にかかる月の美しさを詠んだものです。赤坂清水を発見した法道仙人は観音崎に 住み、観音像を刻んだとも伝えられています。近くには法道仙人にゆかりがあり、形が魚の鰈に似ていることから「鰈岩」と呼ばれている 奇岩があります。この周辺は、変化に富んだ海岸線が楽しめる絶好の景勝地です。
宮港より徒歩で約32分。
(家島十景)

観光スポット:宮浦夜泊・宮浦神社

家島本島の宮港の入江に船を寄せ、一夜を明かす興趣を指しています。「播磨鑑」の漢詩では、当時の停泊の 様子を「入江のほとりは小さな山に囲まれて、青く澄んだ海は穏やかだ。高い帆柱を横にして小さな流れに舟をつないでいる」と表現して います。
宮港より徒歩で約7分。
(家島十景)

観光スポット:赤坂清水・櫻谷雪景

家島事務所から約600メートル南の破風と呼ばれる地区にある湧水と、櫻谷に降る雪景色を指しています。赤坂清水 は「破風の井戸」の名でも親しまれています。昔、伝説上の人物として知られる法道仙人が島に来遊したときにこの井戸を発見され、どんな干ばつのときにもかれない井戸と伝えられています。ちなみにこの井戸は、水道が引かれるまで地区の貴重な飲み水として利用されてい ました。
真浦港より徒歩で約17分。

観光スポット:新井地区 野鳥の森遊歩道

瀬戸内海を飛来する渡り鳥が多く見られ、バードウォッチングが楽しめます。野鳥の森から海底送水管送水 ルートにかけて続く遊歩道を散策するのも一興です。
真浦港より徒歩で約23分。

観光スポット:鰈岩

家島本島の宮の南端、観音崎近くの海岸線にある奇岩です。
 この奇妙な名前はある伝説に由来しています。昔、観音崎に住んでいた法道仙人が、そばを通りかかった船に食べ物を求めたところ、 漁師は食べ残した鰈を与えました。怒った仙人が鰈を海中に投げ捨てると、にわかに嵐が起き、漁船は沈没してしまいました。その後、 鰈を捨てたところに鰈の頭そっくりの岩ができ、鰈岩と呼ばれるようになったということです。鰈岩の周辺は入り組んだ海岸線の奇観が 楽しめます。
宮港より徒歩で約32分。

観光スポット:どんがめっさん

家島本島・真浦区民総合センターの隣にある亀の形をした岩です。主人の帰りを待ち続けた亀が石になったと 伝えられるこの岩は、水天宮として地元の信仰を集めています。
真浦港下船後すぐ。

観光スポット:城山公園

家島本島・真浦港の近くにある標高約70メートルの城山のことを指します。城山という名前は、中世の頃、この山頂 に城郭が築かれていたことに由来します。当時、飯盛山と呼ばれていたこの山に城を築いたのは、苦瓜助五郎本道と伝えられ、現在も構居 (砦)跡と老松数本が往時の様子をしのばせます。ここから見下ろす家島湾の眺望も必見です。
真浦港より徒歩で約5分。

観光スポット:家島神社

家島本島・宮港の東の天神鼻にあり、神社の周囲は島唯一の原生林に囲まれています。平安時代、時の右大臣、 菅原道真公が左遷により太宰府に向かう途中、島に立ち寄り、休憩した跡に小さな社を建て、その後、社殿を新築したと伝えられていま す。また、「続日本後記」には、承和7年(840年)に、宮社になったことが記されています。祭神は大己貴命、小名彦命、天満天神で、毎年7月25日に行われ、壇尻船が出る勇壮な夏祭りは、家島神社の例祭です。
宮港より徒歩で約13分。

観光スポット:天神鼻

海が作り出した自然名勝です。
宮港より徒歩で約13分
このページの作成・発信部署
電話番号: 079-325-1001   ファクス番号:079-325-2721

姫路市公式アプリひめじプラス

姫路市公式フェイスブックページ

姫路市公式インスタグラム

姫路動画チャンネル

Copyright(C) 2019 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地