スタートページに設定
文字サイズ 拡大 標準 縮小

家島十景のご案内

家島の中でも、十指に数えられる景色の良いところをご紹介します。

【1】白髭霊嗣(しらひげれいし)
家島本島、宮港の近くにある宮浦神社のことをいう。現在の滋賀県高島郡高島町にある白髭神社から 勧請されたといわれており、漢詩では「周りの風景は麗しく輝き、年々咲く花も美しい」と詠まれている。

【2】観音崎月(かんのんざきつき)
家島本島南端にある観音崎。ここにかかる美しい月を漢詩の題材にした。「赤坂清水」を発見した法道仙人 は、ここで観音像を彫ったと伝えられている。近くには法道仙人にゆかりのある「鰈岩」がある。

【3】天満霊樹(てんまれいじゅ)
家島神社付近に自生する美しい原生林を指す。平安時代、学者で政治家でもあった菅原道真が延喜元年 (901)に平安京から太宰府に左遷される途中、この付近に立ち寄ったと言う言い伝えが残っている。

【4】間浦古郭(まうらこかく)
家島本島の中心部にある真浦地区から瀬戸内海を眺めたときのもの。「古郭」とは、苦瓜助五郎本道という 役人が飯盛山(今の城山)に築いた城跡のことをいう。

【5】監館眺望(かんかんちょうぼう)
江戸幕府が、寛永16年(1639)に海上警備を強化するために家島本島に設置した番所(見張り所) から素晴らしい眺めを題材にした。現在の清水公園付近にあたる。

【6】赤坂清水・櫻谷雪景(あかさかしみず・さくらだにせっけい)
役場から南に600m行ったところの宮破風地区にある湧き水と櫻谷に降る雪景色を指している。ちなみに 、赤坂清水は「破風の井戸」とも呼ばれ、水道が引かれるまで地区の水瓶として大事に使われていた。

【7】宮浦夜泊(みやうらやはく)
家島本島・宮浦(現在の宮港)の入江に一晩船を泊めた時の趣のある眺めを表したもの。漢詩では、 「入江のほとりは小さな山に囲まれ、青く澄んだ海は穏やかだ」と詠んでいる。

【8】坊勢寺跡(ぼうぜてらあと)
坊勢島・奈座地区にある坊勢寺跡で過ぎ去りし時をしのんだもの。かつて比叡山延暦寺の高僧である覚円 が坊勢島に流れされた時、彼を慕った弟子が大勢でこの島に渡ったと伝えられている。

【9】淡賀楯崎(たんがたてざき)
男鹿島にある淡賀楯崎から眺める播磨灘の美しい景色をテーマにした。古来より、楯崎からの月の 眺めも素晴らしいものとされてきた。淡賀楯崎に近い林にはお地蔵様がまつられている。

【10】松島野馬(まつしまのうま)
松島は西島の南にある無人島だが、かつては馬の牧場があったと伝えられている。西島から望む松島が、 中国にある花山のように見えることを漢詩で表現したものである。

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-325-1001   ファクス番号:079-325-2721
Copyright(C) 2016 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地