塩野六角古墳公園

日本で初めて墳丘(ふんきゅう)が六角形であることが確認された“塩野六角古墳”と円墳の“塩野古墳”を核として、静かな散策が楽しめます。

ご案内

全景古墳全景

日本で初めて墳丘(ふんきゅう)が六角形であることが確認された“塩野六角古墳”と円墳の“塩野古墳”を核として、静かな散策が楽しめる「塩野六角古墳公園」。

この公園は、県指定文化財(史跡)の塩野六角古墳、塩野古墳の保存・保護と憩いの場づくりのため、古墳周辺を公園化し、遊歩道やトイレを整備したものです。古墳を目で見て、学んで、楽しめる塩野六角古墳公園を古代に思いを馳せながら、歩いてみませんか。

 塩野六角古墳は、塩野岡ノ上山の中腹、標高約150m付近にあり、古墳公園の最上部に位置し、一辺の長さ3.8m~4.4mとややいびつな六角形で、盗掘された形跡があり、出土品は須恵器(すえき)3点だけでした。その須恵器が7世紀中頃のものとみられるので、当時一帯を支配していた豪族で「播磨国風土記」に載る山部三馬(やまべのみま)か、その一族の可能性が高いといわれています。

 塩野古墳は、塩野六角古墳より30m低い標高約120m付近にあり、古墳公園の入り口に位置しています。この古墳はかなり壊れていましたが、見つかった幅約70cm、深さ30cmあまりの溝のようすから、直径約7mの円墳と推計されました。また、石室の造りが変わっており、西播磨でも例がないだろうといわれています。古墳が造られた時期は、出土品が少なかったので特定できませんでしたが、変則的な石室の造りから見て、古墳時代終末期とされています。

羨道付近 石室内部

 

このページの作成・発信部署
電話番号: 0790-66-2300   ファクス番号:0790-66-3884
Copyright(C) 2016 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地