検索方法
 

古い扇風機の使用について

 長い間しまいっ放しになっていた扇風機を久しぶりに使うというご家庭はありませんか。しかし、古い扇風機が原因で出火が発生する場合があります。そうならないためにも、使用時の注意点をお知らせします。

 

事故の概要

 ※紹介する事例は、姫路市で発生したものではありません

【事例(1)】使用中の扇風機(使用期間:約36年)から出火し、周辺が焼けた。

【事例(2)】スイッチを切り忘れたまま外出したところ、扇風機(使用期間:約30年以上)付近から出火したと思われる火災が発生した。

事故の原因

【事例(1)】長期使用によるコンデンサーの絶縁劣化により、ショートして発火した。

【事例(2)】長期使用によるコンデンサーの絶縁劣化、またはモーターへの配線の屈曲疲労によりショートして発火し、樹脂製カバー等に着火した。

事故防止のために

長く使っていなかった扇風機は、特に注意してください。

就寝時や人のいない所では、使用しないでください。

  • スイッチを入れても、ファンが回らない。
  • ファンが回っても、回転が異常に遅かったり不規則である。
  • ファンが回転するときに異常な音や振動がする。
  • モーター部分が異常に熱かったり、焦げくさいにおいがする。
  • 電源コードが折れ曲がったり破損したりしている。
  • 電源コードに触れると、ファンが回ったり、回らなかったりと不安定である。

古い扇風機で1つでも該当する場合は、すぐに使用を中止し、電源プラグをコンセントから抜いて適切に廃棄してください。廃棄の仕方は、地元自治体の指示にしたがってください。

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2110   ファクス番号:079-221-2108
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地