検索の多いキーワード



検索方法
 

障害基礎年金のご案内

概要

障害基礎年金は、国民年金加入中に初診日のある病気やケガで、法律で定められた1級・2級の障害の状態になったときに支給されます。
また、20歳前、あるいは60歳以上65歳未満で日本に住んでいるときに初診日のある場合も支給されます。

 

 

受給の3つの条件

  • 国民年金加入中に初診日のある病気やケガによって障害者になったこと
  • 障害認定日に国民年金法施行令の障害等級の1級または2級の障害の状態にあること
  • 初診日の前々月までの被保険者期間のうち、保険料を納めた期間(免除などを受けた期間も含む)が3分の2以上であること。または、初診日の前々月までの1年間に未納がないこと

 

ご注意

  • 20歳になる前に初診日のある病気やケガによって障害者になった場合にも支給されます。
  • 障害認定日の時点で障害の状態が軽くても、65歳までに障害等級の1級または2級の状態になった場合、65歳までに請求すれば支給されます。ただし、老齢基礎年金を受けているときは原則として請求できません。
  • 初診日とは障害の原因となった病気やケガについて初めて医師の診療を受けた日、障害認定日とは初診日から1年6ケ月を経過した日、またはそれ以前に症状が固定した日をいいます。
 
 

年金額

平成29年度現在の年金額は、次のとおりです。

 

障害1級の場合・・・ 年間974,125円
障害2級の場合・・・ 年間779,300円

 

なお、18歳になって最初の3月末までの子、または1級・2級の障害の状態にある20歳未満の子がある場合は加算して次のとおり支給されます。

 

1人目・2人目 1人につき、年額224,300円
3人目から 1人につき、年額74,800円

関連情報

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2332   ファクス番号:079-221-2188
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地