検索の多いキーワード



検索方法
 

寡婦年金制度について

概要

夫が亡くなったとき、一定の要件を満たす妻に60歳から65歳の間支給されます。
ただし、妻が老齢基礎年金を受けているときは支給されません。また、死亡一時金とは選択になります。

 

受給の条件

次の条件に該当する場合に給付をうけることができます。 

  • 死亡した月の前月までに、夫の国民年金の第1号被保険者である期間だけで、保険料納付済みの期間と免除期間を合わせて25年以上(死亡されたのが平成29年8月1日以降の場合10年以上)ある。
  • 婚姻期間が10年以上ある。
  • 夫によって生計を維持されていた。
  • 夫が障害基礎年金または老齢基礎年金を受けたことがない。

 

 

年金額

寡婦年金額は、夫の第1号被保険者期間について、計算した老齢基礎年金の額に4分の3を乗じた額になります。

 

関連情報

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2332   ファクス番号:079-221-2188
Copyright(C) 2017 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地