検索方法
 

特定保健指導とは

特定健診を受けて、特定保健指導の対象になった場合、平成29年10月から一部医療機関でも特定保健指導が受けられるようになりました。市で実施している「測って健康!チャレンジ教室」とお選びいただけます。

ご案内 

 特定健診の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる人に対して、生活習慣を見直すサポートをします。

特定保健指導には、リスクの程度に応じて、動機付け支援と積極的支援があります。(よりリスクが高い場合は積極的支援)

参加費は無料です。 

測って健康!!チャレンジ教室の写真風景

 

対象者  

特定健診を受診後、医療機関から配布される特定健診結果通知書の中に「動機付け支援」「積極的支援」と 記載されている方が対象です。

対象者は、腹囲が男性85センチメートル以上、女性90センチメートル以上もしくはBMIが25以上を基準とし、年齢や生活習慣病の危険因子(※下記参照)の数で判定します。

危険因子とは

  1. 血糖:空腹時血糖100ミリグラム/デシリットル以上またはHbA1c(NGSP値)5.6%以上
  2. 脂質:中性脂肪150ミリグラム/デシリットル以上またはHDLコレステロール40ミリグラム/デシリットル未満
  3. 血圧:収縮期130mmHg以上、または拡張期85mmHg以上

 リスクが高い方は積極的支援の対象となります。生活習慣の改善が必要な方を対象に専門スタッフが面接、指導を行います。 

   ただし、糖尿病、高血圧症または脂質異常症の治療にかかる薬剤を服用している人は医師による治療(指導)を優先としますので対象ではなくなります。 

腹囲 危険因子 喫煙歴 対象
血糖、脂質、血圧 40歳から64歳まで 65歳から74歳まで

男性は腹囲が85センチメートル以上

女性は腹囲が90センチメートル以上

2つ以上該当 積極的支援 動機付け支援
1つ該当 あり
なし 動機付け支援
上記以外でBMIが25以上 3つ該当 積極的支援 動機付け支援
2つ該当 あり
なし 動機付け支援
1つ該当

 

 (注)喫煙歴の-欄は、階層化の判定が喫煙歴の有無に関係ないことを意味します。

実施内容

動機付け支援

  • 初回指導(行動目標・行動計画の作成)
  • 6か月後の評価(生活習慣の改善状況や目標の達成情況等の確認を行います)

積極的支援

  • 初回指導(行動目標・行動計画の作成)
  • 3か月以上の継続的支援・6か月後の評価(生活習慣の改善状況や目標の達成情況等の確認を行います)

 

特定保健指導の受け方 

特定保健指導の対象であれば、保健指導を受ける機関を医療機関か国民健康保険課で実施する教室かを選択し、予約を取りましょう。

医療機関を希望する場合は直接医療機関にお申込みください。国民健康保険課の教室に参加する場合は健診を受診してから2~3ヶ月後に送付されるご案内をご覧ください。

 

重症化予防とは

 特定健診を受けた人のうち、検査結果により人工透析や糖尿病合併症などの重い生活習慣病を発症するリスクが高く、治療を受けていない人や治療を中断している人に対し、医療機関への受診勧奨や保健指導を行います。

このページの作成・発信部署
電話番号: 079-221-2358   ファクス番号:079-221-2188

姫路市公式アプリひめじプラス

姫路市公式フェイスブックページ

姫路市公式インスタグラム

姫路動画チャンネル

Copyright(C) 2018 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地